ブログトップ

台湾破れかぶれ日記

既に失うものなど何も無いと台湾に乗り込んだはいいものの、更に多くを失いやけのやんぱち日焼けのなすび。もはや怖い物など無い、食中毒とデング熱と車椅子でガム売るおじいちゃんと台湾小姐以外…な台湾破れかぶれ日記。構成滅茶苦茶なんで、調べたい店名等を検索窓から検索してご利用下さい。自己紹介はこちらhttp://profile.ameba.jp/tontontontarou/ 


by tontontontarou
プロフィールを見る

【笨蛋】たった60元の炒飯の為に往復2360元使って嘉義に行ってみた【馬鹿】


a0112888_403692.jpg


★おさらい★
当ブログは、友達が極めて少ない中国語能力新生児以下の低級労働者とんたろうが
日々貧困に喘ぎながら台湾日本を行ったり来たり…なブログです。
余程の事がない限りいつも独りぼっちです。
なので、ここで紹介している諸々は
ぼっちで全く問題なく受け入れてもらえる店ばかり、のはず。


と言うわけで、決して放置していたわけじゃない
「全台十大好吃炒飯」
コンプ企画。

今までの記録はこちら。


一位 民生炒飯專賣店(台北)
二位 鼎泰豐(台北)  
三位 小茅屋(台北)
四位 慶昇小館(嘉義)
五位 西濱蛋炒飯(台中)
六位  艋舺阿龍炒飯(台北)
七位 阿成炒飯專賣店(高雄)
八位 新莊後港一路蛋炒飯(台北)
九位  高記蝦仁蛋炒飯(台北)
十位 喬品賣飯店(高雄)


台北はほぼ制覇しましたし、次はいよいよ南下
なんですが。。。

短い空き時間で行くにはやはり高鐵しかないわけ。
さすれどとってもお高いんす。

今回はランキング四位
嘉義の「慶昇小館」がターゲット。


距離はだいたい台北から250キロ。
バスだと國光客運が最安、最速で
約4時間の割引な時間で240元。

なんですが、短い空き時間で往復しなきゃならんので
今回は泣きながら高鐵に乗ってみる。

片道
バス240元   4時間
高鐵1180元  1時間半


60元の炒飯食べる為に
往復2360元。
君は本当に馬鹿だなぁ(AA略

今回も、最近気に入って使ってますトキナーAT-X 12-28 PRO DXを着けてます。
大きさも絶妙、広角のゆがみ感もほどほど
色乗りがなんか分からんが実に素晴らしい!
適度な軽さのと短さ。

かっつりびっちりピンが来るタイプじゃないですが
小さいお店が多い台湾で、店の全景を取るのにちょうどよく使わせて頂いてます。

この時期お馴染みの台北車站のクリスマスツリー。
これも超広角なんでこんな感じに
a0112888_14185395.jpg

広角の特性を生かして
さらに鼻っぱしを伸ばしてみるw
a0112888_14243794.jpg

座席はすべて等間隔なんですが
そう見えないところがさすが広角です
a0112888_14251865.jpg

なんもフィルター被してないのにこの青
a0112888_1426032.jpg

と言うわけで高鐵嘉義に着いたわけだが
a0112888_14262864.jpg

a0112888_14264728.jpg

a0112888_14276100.jpg

a0112888_1431287.jpg

高鐵嘉義は陸の孤島。
本物の嘉義、台鐵嘉義まではバスで行きます。
慶昇小館は
台鐵嘉義駅近くなので
a0112888_14304661.jpg

a0112888_14313241.jpg

a0112888_14314855.jpg

連絡バスは高鐵の乗車券を見せればただで乗れます
a0112888_1432226.jpg

20分?くらいのって
嘉義中心部、台鐵嘉義火車站へ
a0112888_14333243.jpg

どこの站もそうですが
駅前はスクーターだらけ
a0112888_143476.jpg

場所はこんな感じ
500M徒歩7分
a0112888_14351974.jpg

ついたお。
a0112888_14363470.jpg

a0112888_1436542.jpg

a0112888_1437129.jpg

a0112888_14373995.jpg

店内は想像の五倍綺麗(意味不明)
a0112888_14384234.jpg

a0112888_14385920.jpg

a0112888_14391654.jpg

めにゅー
a0112888_14401749.jpg

そんなに米が舞ってない。
ぺっとり系?
a0112888_14411217.jpg

蝦仁炒飯60元
a0112888_14423484.jpg

ふわふわぺっとり系。
お値段割には蝦も多くて素敵なんですが、ニンニクも結構強烈。
食感のアクセント生っぽいキャベツを使って変化を出してます。
個人的には炒飯にがっつりニンニクってのは…
a0112888_14443715.jpg

炒青菜30元
こちらも生っぽい。
a0112888_14453183.jpg

蛤蜊湯30元
実が多くぷりっぷりっ。
さすがは嘉義
a0112888_1447454.jpg


お値段はお安くて結構です。
これまた個人的感想で申し訳ないですが
全台4位って程じゃないような。

これ食べる為だけに嘉義って程では…。

慶昇小館
地址:嘉義市新榮路315號
10:00~20:30



暫定「全わし十大美味炒飯排行榜」

一位 艋舺阿龍炒飯
二位 冠京華
三位 民生炒飯專賣店
四位 鼎泰豐
五位 西濱蛋炒飯
六位 慶昇小館
七位 高記
八位 小茅屋


で、とんぼ返り、台北へ。
今度は高雄を制覇せねば…
a0112888_14524879.jpg

a0112888_1453618.jpg




































トラックバックURL : https://tontontaro.exblog.jp/tb/20436683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tontontontarou | 2014-11-27 14:57 | 台湾一人暮らしその日暮らし | Trackback | Comments(0)