ブログトップ

台湾破れかぶれ日記

既に失うものなど何も無いと台湾に乗り込んだはいいものの、更に多くを失いやけのやんぱち日焼けのなすび。もはや怖い物など無い、食中毒とデング熱と車椅子でガム売るおじいちゃんと台湾小姐以外…な台湾破れかぶれ日記。構成滅茶苦茶なんで、調べたい店名等を検索窓から検索してご利用下さい。自己紹介はこちらhttp://profile.ameba.jp/tontontontarou/ 


by tontontontarou
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

折角だから普悠瑪號に乗ってみる。その6池上→台北

駅弁は期待ほどでは無かったんでさっさと台北に戻ります。
今なら池上12:20→台北16:05の221自強號に間に合うんで。
発車まで50分あるんで大丈夫でしょ。

ローカル駅なんで自動発券機などあるわけも無く対人窓口だけ。
ワンピースもこっちじゃ超絶大人気
a0112888_62622.jpg


勿論日本語など通じるわけも無く。かといって紙に書くのもつまらん。
一人旅ってのはこういった絶望感を味わえるのが醍醐味な訳でね。
諸問題を一つ一つ解決していく度にわしのぼっち力が上がっていくわけで。
壊滅的素人中文で臨みます!
うぉやお!いーじゃん!だう!たいぺいちゃーざん!(どや顔)

おじちゃん暫しぽかーん。
は?って感じ。でも決して通じて無い事もなさそうな様子。
はて・・・

何か色々おっちゃんが言ってるんだが全くなんだか分からん・・・。
聞き取れる単語を一生懸命探すと・・・・没有!?
どうやら指定席は全部売り切れですと。

んじゃいつあるのよ!?
今から二時間半後の13:57→台北19:07なら有ると・・・
こんな何も無い駅で二時間半何してりゃいいのよ!

じゃってんで、この辺で一番でかい街、台東に行ってみる。

それにしても本当に何も無い
a0112888_625129.jpg

a0112888_63518.jpg

さっきと似たようなポンコツ汽車が
a0112888_631558.jpg

2002年製ってまじかよ。
絶対サバ読んでるだろ・・
a0112888_633548.jpg

と思ったらこっちには東急車輌製って・・・
どっちだよ
a0112888_634629.jpg

台東に到着。
台湾の大都市で一番原住民比率の高い町です。

a0112888_635933.jpg


ただでさえ脚長O脚ゼロの台湾人ですが、台東はそりゃあもう・・・。
ここまで足が長いと実生活で影響が無いんだろうか。
年取って腰に負担が来たりしないんだろうか・・・

一応それなりの大都市なんだが全く何も無い駅前。
これHTC J Butterflyで撮ったんですがなかなか。
里帰りで気合い入ってんのかしら。
a0112888_642268.jpg

台湾好行のバスも出てるんですな。
観光客には有り難い台湾好行バス。今度来たら乗ってみよう。
a0112888_643633.jpg

ここのコーヒースタンドで台東で名高い初鹿牧場の牛乳も頂けます
a0112888_645141.jpg

お値段はこんな感じ。なかなか美味い。
a0112888_652675.jpg

「臺東」
a0112888_655328.jpg

最近は「臺」の字を「台」と書くようになってきたみたい。
「台湾」も正式には「臺灣」
a0112888_661092.jpg

台東13:10→台北19:57
ほぼ7時間・・・こんだけ走るんだからきっと豪華車両が来るはず!
a0112888_662519.jpg

またお前か・・・
a0112888_663629.jpg

これは日立車両。
同じように見えて微妙に違うんですな

a0112888_665073.jpg

寝ても寝ても寝ても寝ても寝ても寝ても・・・・それでも着かない7時間。
結構がっつんと倒れるシートだったんで、全開で爆睡してもそれでも全然。
最後はケツが痺れて車両内を徘徊して何とか気を紛らわして凌ぎ、到着。

う~ん、次は飛行機・・って言いたいですが片道2300元(約7000円)くらいするんで
新幹線で高雄、そっから自強号で2時間の方を選ぶかな。
さすがに7時間はかなりなもんですよ・・

7月からいよいよ全線電化開通で台北から最短3時間半になるわけで
今までよりずっと台東が身近になるわけですな。
今度はもっと楽に行きたいですわ…
トラックバックURL : https://tontontaro.exblog.jp/tb/19882427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tontontontarou | 2014-06-09 10:23 | 台湾一人暮らしその日暮らし | Trackback | Comments(0)