不是外遇是巧遇!阿基師の料理食べに福容大飯店に行ってみた

a0112888_3402542.jpg


と言うわけで、元台湾一好感度男。
思い出すと思わず、ぷぷっ…ってなってしまう
名厨阿基師のお料理食べに行ってみたのよ。

阿基師は福容大飯店の総料理長?だかなんだで
福容…というか麗寶集団に大事にされてます関係
福容大飯店で大概のとこで食べられるらしい…詳しくは電話で確認を。
淡水、漁人碼頭の福容大飯店、「阿基師觀海茶樓」なら確実だと思われます。
台北市内なら建国南路の福容も確実。

我々は諸般の都合により三峽の福容大飯店で頂きました。

さて、そもそも
「阿基師」
とは何者ぞ?

簡単に纏めますと…

料理番組などで人気を博した超有名料理人。
事あるごとに、しつこいまでの愛妻家アピール。
奥様への感謝を事あるごとに口にし、たまに一人涙ぐみ、まあなんて言うかあれなキャラ。
ただここ台灣、女性陣はこういうキャラに滅法弱い。
いつしかいい旦那の見本として、奥様方の間で超絶ブレイク。
講演会、料理教室は満員御礼。
講演会、一人6万元とかだったらしい…

そしてあの「地溝油事件」
馬英九と仲良し、台灣食用油の九割のシェアを誇る頂新集団が
ドブからさらった廃油にラード混ぜて、食用油として売っていた、って言う大事件。
登場人物全員悪人。台灣のアウトレイジ。
しかも後の裁判で無罪になるって言う滅茶苦茶な、悪徳マニアには溜まらん話。
興味があれば調べてみて下さい。
台灣の暗部がこの事件にぎゅっと凝縮されてますから…
調べれば調べるほど興味深い話ですよ。

で、頂新の油を阿基師の福容も使っていたってのが発覚した際に
カメラの前で跪き土下座。
カメラから逃げ回る頂新関係者と全く逆の行動に阿基師の人気最高潮!
人気は揺るぎないものとなるはずだったのだが…

2014年末、浮気現場、ラブホに入る所を週刊誌に撮られてしまう。
その際の言い訳が、もう打順組めるレベルの酷さで…

女の車に乗ったら、女が勝手にホテルに入ってしまった。だから悪くない
接吻は国際的なマナー。舌を入れてないから問題ない。
女が勝手に抱きついてきて逃げられなかっただけ。
彼女が貧乏だからラブホ内で援助してあげただけ、みんなやってるでしょ?
ラブホ内ではハグしてただけ。互いに暖め合ってただけ。
もしラブホ内でいたしてたら、30~40分で出てこれるわけないでしょ?
外で抱き合ってたのは寒かったから暖め合ってただけ。
不是外遇喔,是「巧遇」(だじゃれ)


女性第一、奥様第一の愛妻家阿基師が、罪を全部女性に被せるという
しかも言い訳が愚にも付かない情けない様…で、今まで支持してた女性陣が激怒。
あっと言う間に人気急降下。
男の目からは、おもろいおっさんやな~って感じに見えたんですが、世間はやたら怒ってた記憶が。

そうは言っても
今だって阿基師のレシピはセンス抜群。
分かり易く美味しく出来るのは変わらないわけですし
素行で味が落ちるわけでもなく。
むしろ他所の女と炒飯作りまくってたんですから
きっと炒飯は美味しいはず!(下ネタ)


というわけで、福容大飯店にやって来たわけです。
a0112888_45278.jpg

以下メニュー
a0112888_4523265.jpg

a0112888_4523996.jpg

a0112888_4524533.jpg

a0112888_4525240.jpg

a0112888_4525896.jpg

a0112888_453719.jpg

a0112888_4531422.jpg

a0112888_453215.jpg

a0112888_4532969.jpg

a0112888_4534439.jpg

a0112888_4535040.jpg

a0112888_4535822.jpg

a0112888_454612.jpg

a0112888_4541357.jpg

a0112888_4542650.jpg

a0112888_4543496.jpg


見ての通り、高級ホテルにしては点心類は意外にお安い。
点心類だけ抓む分にはそんなに出血せずに済みそうな予感。
お料理類もそんなに凄い高いわけでもないような。

糖醋魚片 320元
a0112888_571054.jpg

うほっ!いきなりなかなかの美味さ!
a0112888_574881.jpg

紹興醉雞捲380元
なかなか
a0112888_592169.jpg

なんとか雞湯(値段忘れた…)
美味い!美味い!美味い!
これはオススメ!!
a0112888_5122089.jpg

蟹粉豆腐煲?((値段も忘れた)
これも美味い!!
素晴らしい!!
a0112888_51524.jpg

金銀地瓜葉 240元
これまた美味い!
a0112888_5214672.jpg

鹹魚雞粒炒飯 260元
外で炒飯作りまくりな割にはちょっと物足りない味。
今度は家庭内で炒飯の腕を磨いて下さい
a0112888_5234222.jpg

a0112888_5235297.jpg

蘿蔔糕  90元
美味めぇええええええええ!!
過去最高かも…
a0112888_5305394.jpg

鮮蝦腐皮捲 150元
いいよ!いいよ!
a0112888_5322187.jpg

蜜汁叉酥燒 100元
まあまあ
a0112888_5331866.jpg

奶黃包 100元
みんな大好き、とろける溢れるはち切れんばかりのカスタード!
美味しい!
a0112888_5351691.jpg



★結論★
どれも等しく美味い!!
お料理はどれもそれなりの値段なんで気軽に…って訳にはいかないですが
点心類は結構お手軽価格。
衛生面も素晴らしいですし、流石ホテルだけあってどれも一定以上のクォリティ。

美味しかったんで
今度は淡水の福容に行って、点心だけでお安くあげてみる…をやってみたいお!
再来月辺り、乞うご期待だお!





# by tontontontarou | 2017-02-15 21:29 | 台湾一人暮らしその日暮らし | Trackback | Comments(2)
マンゴーの無い季節だって芋頭師傅は楽しめるんですお!

a0112888_22414889.jpg


一年中常夏のイメージな台湾ですが、冬はやっぱ寒いもんです。

ここ、淡水の芒果冰の名店
「芋頭師傅」

マンゴーの無い冬だって大丈夫。
むしろ冬にこそ!ってメニュー沢山で超満足させてくれるんだお!
a0112888_22483994.jpg

a0112888_2381363.jpg

a0112888_2381922.jpg


マンゴートップシーズンの芋頭師傅の話はこちら


寒い日は体の中から暖めたいですおね?
そんなときはこれ。
わしは寒いとき、もっぱらこれ食べますお
「薑汁地瓜湯+芝麻大湯圓」
a0112888_2250541.jpg

本来は薑汁地瓜湯50元、なんですが頼めばトッピングで大湯圓も加えてくれます。
もし言葉の面で不安でしたら、「薑汁地瓜湯+芝麻大湯圓」って見せれば大丈夫だと思いますお。
このお店、日本人に超優しいですから。
喉にピリピリくる生薑の効いた甘めの汁に
これまたわし的台湾一、日本の老舗をも脅かすレベルの地瓜(さつまいも)。
ここのサツマイモは本当に本当に本当に美味い!
何でか分からんがすっごく和のテイストが感じられるお…
a0112888_2254266.jpg

そして芝麻大湯圓。
中に胡麻沢山、噛めばとろり…
寒い冬はこれが一推し!!
a0112888_22561272.jpg

地瓜じゃなくて芋頭にするとこんな感じ。
流石店名に「芋頭」を付けるだけあって、ここの芋頭も最高峰!
地瓜に勝るとも劣らない、甲乙付けがたい味。
a0112888_22585432.jpg

a0112888_225912.jpg

ちなみに冬至の時は冬至らしくこれを食べましたお
紅豆湯+小湯圓+大湯圓+紫米
a0112888_23114327.jpg


気温15度前後、そんなに寒くないときはこれ

地瓜西米露+仙草
ココナッツミルクのスープにサツマイモの相性抜群!
ココナッツ好きの人は試してみて!
a0112888_2313195.jpg

a0112888_23132631.jpg


冬なのに冬らしくない気温の時
または気温一桁でも氷に挑む傾奇者達にはこれ…

鳳梨剉冰+桑葚
この辺は適当に組み合わせて作って貰ってるんで
文字で書くなり見せるなりして注文した方がスムーズに出来ると思いますお
a0112888_23173289.jpg

木苺でもない、酸塊でもない、サクランボでもない、コケモモでもない…
桑の実だ!そうだろう!?
この酸っぱさがまたたまらんのよ!
もし練乳が足りなかったら…
「我要加煉乳」とか伝えれば+10元でたっぷりかけてくれますお~
a0112888_23314367.jpg

巧克力雪花冰+花生
a0112888_2335643.jpg

普通の氷にチョコソースをかけた…って訳じゃなく
チョコ氷をかいて作った変わり種。
これが予想外に美味しい!!
こちらも足りなくなったら練乳追加すれば最後まで楽しめますお。
我想要另外加煉乳~ですお
a0112888_2337133.jpg



と言うわけで、寒かろうが暑かろうが芋頭師傅は神。
淡水にお越しの際は是非是非~


芋頭師傅
新北市淡水區博愛街15號
12:00~24:00

a0112888_2347782.jpg

# by tontontontarou | 2017-02-09 23:47 | 台湾一人暮らしその日暮らし | Trackback | Comments(6)