<   2013年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧
台湾高雄一人旅 その9 嘉義で鶏肉飯 「嘉義車頭火鶏肉飯」「三雅嘉義火鶏肉飯」編

松ヶ崎萬長によって設計され、日治時代の1917年(大正6年)に作られた「台中火車站」
戦後、国民党によって松ヶ崎萬長設計の幾多の貴重な建築物が解体されましたが、
台中火車站や新竹駅(1913年)などはなんとか難を逃れ・・。
ほぼ100年前の建物にも関わらず1999.9.21集集地震(M7.6)直下型地震にもなんとか耐えて
当時の設計、建築技術が如何に優秀であったかを証明。勿論無傷って事は全くなかったのですが。
a0112888_323691.jpg

a0112888_343454.jpg

おおっ!懐かしい!6代目カローラ!昭和62年!たしかAE91?
モールは剥げてるけど、ボディーはピカピカだし、柿本のマフラー着いてるし、あの時代じゃ考えられなかった超絶扁平&インチアップもはまっておるのう。あの当時は80扁平とかだったんだから・・・。
オーナーの愛が随所に感じられてみてる方も嬉しくなるわい。
a0112888_3131591.jpg


駅前の様子。
台中と言えば太陽餅。
これまた貴重なベンツが・・。台中は珍車の宝庫か?
a0112888_33451100.jpg


と言うわけで、帰るまでの数日は台中に滞在。
色々用が溜まってるんで一日の大半を費やします。

で、本日はそれを片付けた後、鶏肉飯の本場、嘉義に鶏肉飯を食べに行こうかと。

高鐵(台湾新幹線)なら25分。410元(1300円)なんですが、節約で台鐵(台湾の国鉄みたいなもんかな)で。
台鐵自強號ですと、1時間半。224元(約700円)

これだけ金かけて、30元(約90円)の鶏肉飯を食いに行くって我ながら頭おかしいと思いますが、まあいいや。こまけーこたいいんだよ・・・。

ほぼ100年前の駅舎、台中火車站の中を色々物色。
1時間半で着いちゃうんで、今日は弁当は自重。
台北では大人気の台鐵弁当ですが、台中ではそこそこの混雑
a0112888_3254286.jpg

台中駅での1番人気は実はこっち。
いつも混んでる。
a0112888_3273557.jpg

覗くと日本語で、いらっしゃいませ!って言われるのです。
勿論日本語が出来るって訳ではありません・・・
ちよだ鮨的スタイル。一貫10元(33円)。一皿66円だからかっぱより安い?
a0112888_3283065.jpg

おしゃれさんはこちら。
モスも台湾では結構メジャー。
中文だと「摩斯漢堡」
a0112888_333799.jpg


台中にも自動券売機があるので、言葉の壁は気にせずとも大丈夫。
わしゃ敢えて対人の方に修行に行きますが。
今日も態度の悪い爺にお釣り投げられたぜ!えへ。

で、これがE1000型自強號。
やたら揺れる。発進時、停止時、蒸気機関車並の衝撃。
何故かすーっと止れない。発進も停車も、がごん!
全速力走行時もたまにマッサージ椅子みたいな微振動が車両全体を細かく揺らして・・・。
そりゃ日本製車両に入れ替えたがるわけですよ。
東部のディーゼルの方がまだマシ・・・。
a0112888_345447.jpg


到着。
なんだかんだ言って出るのが大分遅くなってしまったんで、遠くの店まで行けません。
駅出て真ん前、徒歩0分にある二店舗に絞ります。
a0112888_354362.jpg

a0112888_3545363.jpg

最初はお客さん沢山で、ギリ一人分空いていた方。35年老店だって。
嘉義車頭火鶏肉飯へ
a0112888_405742.jpg

a0112888_412770.jpg

メニュー。
記入式でないんで、口頭で注文って事になります。
伝わらなければ、こけっ!こけこけこけっこっこー!って言えば大丈夫かと。
まあ、「火鶏肉飯」ってのは七面鳥なんですがね・・・。
a0112888_43491.jpg


そういえば、前に夜市で、ジンギスカンってのが通じなくて・・・

わし「羊肉!やんろう!え?わかんない?めぇぇぇぇぇ!めぇぇぇぇ!
   Mary had a little lamb little lamb, little lamb!」
兄ちゃん「OK!めぇぇぇぇ!めぇぇぇぇぇ!(兄ちゃんの方が真似が上手かった・・・)」

鳴き声を真似るのは意外と通じます、どこの国でも・・。

以下3品注文
a0112888_491957.jpg


火鶏肉飯(大)30元
七面鳥は歯応えしっかりのイメージですが、この店はしっとり。
タレにも鶏の良い出汁が出てて、ぐちゃぐちゃ混ぜて食べるとなお美味しい。
ご飯が進む、汁っぽくてこってり系の味付けなんで流し込むようにあっという間に完食。
大椀なんだけど、もうちょい量が欲しいかも
a0112888_4155462.jpg

皮蛋豆腐20元
特に期待してなかったが超絶大ヒット!!!
これ食べる為だけに再来を決めたぜ。
ニンニクきついけどね
a0112888_4193021.jpg

味噌湯10元
台湾風味噌汁。甘め味付けの鰹出汁。鰹節が沢山沈んでます。
美味しい
a0112888_4223166.jpg


総額60元(約200円)の大散財!
しかし、この量では全然足りない。
隣の店にも行ってみる。

三雅嘉義火鶏肉飯
こっちは50年老店。
35年も50年も日本的感覚じゃとても老舗とは言えないんだが・・。
そういや台北で「10年老店」ての見たことあるわ・・・。
a0112888_4272311.jpg

店内はこっちの方が明るくて若干綺麗
a0112888_4274579.jpg

火鶏肉飯(30元)
価格はライバルと同じ。
こちらの方が塊が大きく、そんなに浸してないようで、歯応えもあり
噛むと七面鳥独特のちょっと臭みの強い肉汁が・・・。
肉の旨味で言えばこちらの店の方が美味しい。
ただ鶏臭さが苦手ってなると、評価は正反対に・・・。
七面鳥は多少癖がありますんで。
個人的な好みで言うと、僅差でこっち。
a0112888_4322994.jpg



結論!

両方行きましょう!

よほどの小食でない無い限り、両店舗制覇は至って容易。
ちょっと無理っぽかったら、弁当もやってますんで、帰りの電車の中ででも。

今度来たときは、駅からちょっと離れた方にも行ってみよう。
嘉義は鶏肉飯の本場。まだまだ沢山の名店がありますからね・・・。
by tontontontarou | 2013-10-30 02:26 | 台湾 | Trackback | Comments(0)
台湾高雄一人旅 その8  阿羅哈客運で台中朝馬→中科大飯店 編
台湾はバスもトラックも大概「SCANIA」
大型で見かける日本車は殆どが日本から売られてきた中古。
もっと頑張れ、日本企業・・・
a0112888_634580.jpg


さて、本日は諸事情により台中に移動です。
台中での用事が色々立て込んでおりまして・・・。

またも節約バスの旅。
高雄→台中 約3時間。

前日、和欣客運には蹴られてるんで、どこのバスにしようかと物色なう。

鳥のマーク、って事でまたも阿羅哈客運に決定。
行きもなかなかでしたからね。
ここが待合室。
たまに弁当売りのおばちゃんが来たりして退屈しません
a0112888_6394137.jpg


月讀女僕珈琲を挟んで永遠のライバル「和欣客運」と「阿羅哈客運」が対峙。
メイド喫茶が緩衝材?
a0112888_640565.jpg

わしだって乗りたいんだけどね・・
a0112888_646890.jpg

バスガイドさん?は阿羅哈にしかいません
a0112888_6423872.jpg

今日乗るバスは結構新しめ。
これもSCANIAか・・
a0112888_6432171.jpg

うむ。聡明なわしには阿羅哈こそが相応しいって事ですな!(すぐ乗せられるアホ)
文章が全部右読みなのに、ALOHAとはこれ如何に・・・。
これじゃ「阿呆了(アホラ)」・・
a0112888_6453922.jpg

右2 左1の3列シート。
総統椅子じゃないのね・・
a0112888_6504517.jpg

内装の真新しさからしてまだそこそこ新車っぽい
a0112888_6512152.jpg

全座席に、タブレット完備。
Wi-Fi完備でネットやり放題映画見放題テレビ見放題ゲームやり放題。
ところでこのおばちゃん誰?
a0112888_652475.jpg

モロAndroidタブ。
中に入ってた「魔界村」やりこんでたらちょっと気分が・・
新車だろうがやっぱりよく揺れる。
乗り心地は日本の高速バスの方が圧倒的によい。
a0112888_6531050.jpg

乗車券も売りビンロウも売る、なんて新しいビジネススタイル・・・
a0112888_656254.jpg


で、3時間ちょいで台中朝馬站に到着。
どうやら阿羅哈は台中火車站(台中駅)まで直には行かないらしい。

風の噂では阿羅哈のマイクロタダバスが駅まで出てるって話だったんだが、営業所のお姉さんに聞いても「???」
仕方ないんで、タクシー拾って今宵の宿「中科大飯店」へ。

日本人に大人気らしい「中科大飯店」
それもそのはず。
フロントの人、全員日本語めちゃくちゃ上手いし・・。
聞くと、お客の8割が日本人らしい。

外見と比べると、中はちょっと古い感じだが、果たしてお部屋は・・・

今日のお部屋。
ああ・・・確かに最安の部屋にしたから仕方ないがベットもないのか・・・
a0112888_745861.jpg

立派な机はあるのに
a0112888_752798.jpg

って、奥の方にもう一部屋有った・・・
全然安値で泊まってるのに・・・まさかのアップグレード。
a0112888_772298.jpg

注 一人です
両方使ってやろうかと思ったが、それが出来ないのが日本人・・
a0112888_763331.jpg

注 一人です
a0112888_785815.jpg

注 一人です
お友達呼んでおけ、って事?我的朋友很少・・
a0112888_793719.jpg

シャワートイレじゃないのが残念
a0112888_710046.jpg

チャンネル表。
アニマックスが入るぞ!あひゃっ!
a0112888_7103044.jpg

いついかなる時間でも日本のアニメがどこかでやっている台湾
a0112888_711458.jpg

キノコのホクト。
台湾に来ると「好菇道」
素晴らしい字を見つけましたな
a0112888_7124557.jpg


ホクトのCM


と言うわけで、日本人客は汚さないしアメニティ持っていきまくり、とかしないからなのか
有り難いことにアップグレードで広々なお部屋に。
逆に広すぎて夜中は落ち着きませんでしたが・・。
朝食も、品数豊富で、なかなかなもんでした。

日本語も超絶通じますし、観光には良いホテルだと思います。
駅からちょっと遠いのが難点ですが、ホテルのすぐ近くにバス停がありますし。
駅まではバスで20分くらいかな。
なかなかコストパフォーマンスに優れたホテルだと思います。
by tontontontarou | 2013-10-27 07:30 | 台湾 | Trackback | Comments(0)
台風も来てるし、折角だから台風についてお勉強を


どぼうぶしびでべかばなーば!
懐かしい・・・今のゆとり共は知らんだろうな・・・



ちちんぷいぷいぱらりんちょ、なんじゃらほんじゃらなーるたん!
なんで今はこういう良質なアニメをやらんのだろうね。
ミリバールって・・・


岡まゆみお姉さん・・・

by tontontontarou | 2013-10-26 08:24 | Trackback | Comments(3)
台湾高雄一人旅 その7  月讀女僕珈琲&台糖高雄糖廠編
港園牛肉麺館から捷運で高雄車站まで移動
a0112888_542638.jpg

(新)台鐵高雄車站
a0112888_5422414.jpg

(旧)台鐵高雄車站
前は入れたんだが、今は工事中みたい。
日治時代の建物を保存しよう運動、が今流行ってますから
その流れで保存して貰えるんでしょうか。
a0112888_5441048.jpg

あち~あち~好熱喔~って黄色小鴨うちわで扇ぎつつ歩いてたら、タクシーの運ちゃんに
「黄色小鴨黄色小鴨!?200元!!」って手を引っ張られた。
うちわ持ってるんだから行って帰ってきたと普通思うだろうに・・。
それともそんなにリピーターが多いのかしら?
a0112888_5511493.jpg


さて、高雄站前に来たのは他でもありません!
メイド喫茶バスの営業所に予約しに来たのです。
明日は台中まで移動するんですが、今回は節約旅。
またも高速バスで移動なのです。
高雄站前には高速バス会社がひしめき合ってるので・・・。

台北→高雄で乗り損ねた和欣客運の白金座に乗ろうかと。
前日に予約すればいくら何でも取れるでしょ、って事で。

で、わし台中火車站に行きたいお!って言ってみたんだが
台中行きはないと言われ・・・。

うむ・・どうしよう・・と営業所を出たら・・・
月讀女僕珈琲(メイド喫茶)を発見!
以下、前に更新に書いたんでそちらをご参考下さい・・。
いや、本当に偶然だったんですよ!
こんなライバルバス営業所の狭間にメイド喫茶があるなんて・・・。


で、ハルヒとこなたと戯れて、さて次はどこに行こうか。

高雄の観光って言うと、旗津、蓮池潭、昨今の日治ブームで人気急上昇の哈瑪星・・・
等々有るのですが、知人の高雄人によると「台糖高雄糖廠」の枝仔冰が超絶美味とのこと。
枝仔冰ってのはアイスバーのことです。読んで字の如く。

糞暑いし、なんか天気が微妙なんでそっちに行ってみる。
ちなみに前に蓮池潭に行ったときの写真はこちら・・

MRT高雄車站から捷運で12駅。
橋頭糖廠站、で下車。
「廠」ってのは工場って意味です。
橋頭糖廠站の何個か前に「油廠國小」って駅がありますが
これを訳すと、石油コンビナート小学校。・・・すげえ小学校だな・・・。

台糖高雄糖廠・・・ってのはですね。
遡ること1900年冬。

当時台湾総督府、総督の児玉源太郎、民政長官後藤新平の要請に三井財閥が応じ設立した
台湾初の製糖会社であります。

その後、大日本製糖、明治製糖、塩水港精糖・・と設立され
台湾四大製糖会社、となったわけですな。

で、戦後それを全部ぶんどった国民党が一個に纏めて超巨大製糖会社が誕生と。
これが現代の「台湾糖業公司」。
1999年まで操業しており、現在は博物館として無料で開放。
って感じらしい・・。

児玉源太郎と後藤新平くらいしか分からんが、まあ難しいことはいいんで
まずはアイスを食いに行きます!!

野犬注意って・・それを言ったらここだけじゃなく
国土全般野犬注意ですぜ、台湾は・・。
a0112888_6295864.jpg

とりあえず左に行ってみる
a0112888_636659.jpg

アイス食ってるリア充共発見!
ここで売ってそう
a0112888_6363333.jpg

a0112888_6364673.jpg

さて、どんな種類があるんかいな?
桂圓?なにそれ?ググったら落語家って出たが・・・
桂圓師匠・・こんなお姿に・・・
a0112888_6382616.jpg

これは小豆って分かりますな
a0112888_6384588.jpg

酵母・・・気になる
a0112888_639415.jpg

芋頭。タロ芋っすね。
タロ芋アイス・・・そそらんのう・・
a0112888_6395239.jpg

酸梅
読んで字の如く
a0112888_6402454.jpg

鳳梨。
パイナップル。何となく味の想像が出来るだけに・・・
a0112888_641262.jpg

花生。
落花生ですな
a0112888_6412345.jpg

百香果。
パッションフルーツ。これは気になる
a0112888_6415888.jpg

杏仁蛋黄
卵黄杏仁?これも気になる
a0112888_643236.jpg

紫雪糕?
向こうのコンビニアイスでもたまに見かける「紫雪糕」
何のことだかかさっぱり分からん。
a0112888_646937.jpg

アイスじゃないけど・・・
ワリーム・・なにそれ?
わりーむ、のび太。このクリーム、三人用なんだ(つまんね)
a0112888_6494246.jpg


結局一番売れてた花生に・・・
日本人やねぇ・・・。
a0112888_6492738.jpg

うむ。ちょっと珈琲っぽいけどうまい!
美味いは安い(約40円)はでもう一本行きたいところだが、一通り見学して戻ってきてからにしよう。

てけてけ、歩いてすぐ。
1906年に建てられた工場長のお家。
年代が年代だけに日本家屋。
いい暮らししてたんですな
a0112888_6541086.jpg

a0112888_6542159.jpg

副工場長のお家・・・
何この落差・・・
a0112888_6544440.jpg


博物館入り口。
免費って事はタダって事ですな
a0112888_6573497.jpg


中は当時の工場のまんま。
線路がそこいらに張り巡らされており
当時の車両がそのまま野晒し静態保存されております
a0112888_6592239.jpg

a0112888_6593665.jpg

a0112888_6594789.jpg

a0112888_705931.jpg

ヘッドライトが明後日の方向向いてる、汽車ぽっぽ発見
乗れるようになってたんだが、得体の知れない虫がウゾウゾ中にいたんでやめておいた・・
a0112888_711978.jpg

a0112888_721580.jpg


ここでいきなりの超豪雨。
見ての通り、とても雨が降るような空じゃないんだが、これでも降るのが台湾。
雨宿り出来るところもないんで見事濡れ鼠。
アイス食べるなんてとてもとても・・・。

捷運の冷蔵庫状態に震えながら即行帰宅。
本当はこの後、「哈瑪星」に行く予定だったんだが・・
まあまたいずれ・・・。
by tontontontarou | 2013-10-25 05:37 | 台湾 | Trackback | Comments(4)
台湾高雄一人旅 その6 牛肉麺の有名店「港園牛肉麺館」に行ってみる
朝からTVを点けてしまったのが運の尽き。
異国で見ると何故か面白さ倍増。勉強にもなるし。
またこちらの声優さんは涙ぐましいくらい本物に似せて声を当ててるんで
全く違和感がないのが凄い
a0112888_530498.jpg

ようやくこち亀が終わったと思ったら次はドラえもんが・・・
「所有所有的夢想,都能夠實現」
みんなみんなみんな、叶えてくれる
a0112888_532483.jpg

我想要在天空自由的飛翔
空を自由に飛びたいな
a0112888_5324278.jpg

那就是竹蜻蜓
はい、タケコプター
a0112888_5333131.jpg

啊啊啊,我最喜歡哆啦A夢了!
あんあんあん、とっても大好きドラえもん
a0112888_5334969.jpg


ちなみにこれをエキサイト翻訳にかけると・・・

すべてのすべての夢はすべて
私は空で自由なのが飛び回りたい
をの実現することができます!
それはつまり竹のトンボ!
私は最もドラえもんが好きでした!


翻訳こんにゃくデビューまではまだまだ時間がかかりそうですな・・・。
なんかドラえもん、亡き者にされてるし・・・。

ようつべで探したんだけど、台湾版ドラえもんないなぁ・・・
是非ドラえもんの声を聞いて頂きたかったのだが。
敢えて言うとこれだけど、これは新ドラ版だし・・・

9時で遅いって・・






ワンピースは台湾では「航海王」
海賊王じゃないのね・・・



結局、テレビから離れられず予定より1時間遅れで出発。
天気予報によると本日は一日晴天。
まあ台湾の天気予報なんて福ちゃんのCPU並に当たらないんですがね・・。

財布の中身が危険水域なんで、まずはそこらの銀行で日本円を両替。
と、思ったんですが、それじゃつまらないんで「高雄國際航空站(高雄国際空港)」へ。

三多商圏からMRT捷運で5駅であっという間。
とてもとてもミニマムな空港で。
ロビーもこんだけ
a0112888_555414.jpg

勿論銀行もありますよ
a0112888_556858.jpg

見ての通り、日本行きは殆ど無く。
1日に関空、成田1便ずつ、たまに新千歳
a0112888_604929.jpg

殆ど大陸方面
a0112888_61629.jpg


で、換金を済ませ、一路「港園牛肉麺」へ。
タダだからって朝、ホテルの飯を食べ過ぎたんで、ちょっと軽めな物をと。
何でも台湾一だという評判すら立っております、超評判の牛肉麺の店らしい。

MRT鹽埕埔站から徒歩10分。
糞暑い中息も絶え絶え歩きます。

立派なホテル発見!
1泊14000円以上か・・・今泊まってるところの二倍だな・・
a0112888_683034.jpg

近くの古いホテルは黄色小鴨で対抗
a0112888_69077.jpg

なんとか到着。
ちょっと迷ったんで20分はかかったかも。
まっすぐ行っても10分で着いたかはちと疑問な距離・・・。
a0112888_693621.jpg

さすが超絶人気店。
店内は地元民の大行列が蜷局巻いてて、向こう方の机の空き具合すら見えない有様。
どこに並んでいいかも分からないんですが、ここで退いては男が廃る。
とりあえず適当に並んでみたが・・・。

店のおばちゃん、日本人だと分かると
「にぽんじんこっち!」って、行列をよそに、席を確保。
ここに座れと。これっていいのかしら・・・。
完全な横入り状態で・・。

顔ぶれは見ての通り超地元民。
左のお爺ちゃん、長榮集団の会長(張榮發)に似てるんだが・・。
a0112888_617208.jpg

メニューはこんだけ。
a0112888_6174147.jpg

ジュースもあるみたい
a0112888_620329.jpg

異国で見かけるとなんか安心しますな。
キッコーマンの醤油。
a0112888_6204498.jpg

今回頼んだのは「牛肉拌麵110元(370円)」
汁なしの牛肉麺。汁あり(湯麺)も選べます
a0112888_6225686.jpg


ふむぅ、はむはむ。
台湾では至って標準的、うどんみたいな麺の牛肉麺なんですが
他と違って出汁をまぶしてるのか、油をまぶしてるのか大変しっとりしておりまして。
台湾の牛肉麺は超ぼっそぼっそがデフォなんで、これは喉越しつるりん、なかなか。

お肉もこってり系でそれほど油を落としてるわけでもなく、肉の旨味そのまま。
麺も肉もボリュームがあります。

太い麺系牛肉麺では今までで一番美味しいかも!

ただ個人的には、台北の「史記正宗牛肉麺」の方が好きかな。
でもあっちは麺がモロ日本人好みなんで、台湾の牛肉麺、って意味ではこちらの方が正統派なのかしら。

日本人には何かと受けが余り芳しくない、牛肉麺。
その中でも太麺でありながら、日本人好みのつるりん麺の港園牛肉麺。
わしの評価なんかよりも、地元民の大行列が美味しさを代弁してると思いますです。
はい。

「港園牛肉麺館」
高雄市鹽埕区大成街55號
10:30~20:00まで

by tontontontarou | 2013-10-22 06:39 | 台湾 | Trackback | Comments(0)
なんの店だよ・・・
a0112888_6511656.jpg

a0112888_6504353.jpg


変な日本語動画を見つけた

by tontontontarou | 2013-10-22 06:22 | 台湾 | Trackback | Comments(0)
台湾高雄一人旅 その5 旗津で海鮮食べ比べ、旗津海産店編
捷運美麗島站コンコースの「光之穹頂」。
駅舎は日本の建築師高松伸が設計。
「光之穹頂」はイタリアのステンドグラスアートの芸術家Maestro Narcissus Quagliata(マエストロ・ナルシサス・クアグリアータ)による祈りを表現したステンドグラス作品・・・らしい。
世界で最も美しい駅ランキングの第二位だそうです。
a0112888_2123421.jpg

a0112888_2125193.jpg


で、前回の続き。
「漢神百貨」でスイカジュース堪能後、腹ごなしに適当に街をほっつき歩く。
身の危険を全く感じずに歩ける唯一のアジア、中華民国。

ぶん殴られてiPhone奪われたり、親しげに話しかけてくる玉名市にデジカメ盗まれたり、
娘が日本にいるんだけどその娘に手紙書くの手伝って欲しいって、言葉巧みに部屋にな誘われ、気がつきゃ賭けポーカーに無理矢理参加させられて身包み剥がされたり、目の前で小銭ぶちまけて、拾うの手伝ってあげようとした隙にケツポケットから財布抜かれたり・・・なんてことが全くない。
素晴らしかなフォルモサ台湾。

で、1時間弱街歩きを堪能。
目の前にMRT美麗島站が。

折角なんで、腹も減ったし旗津でも行ってみますか。
3駅乗って、終点「西子湾站」

てけてけ歩いて5分。
フェリーターミナルに。
a0112888_21145696.jpg

またいつものポンコツ船
a0112888_2115661.jpg

☆豆知識☆
台湾独特の暦「中華民国暦」
11を足すと西暦に置き換えられます。
なので「中華民国暦93年交船」なので・・・2004年製!?
出来て9年でこんな難破船みたいになるのか・・・
a0112888_2119413.jpg

また車両エリアに押し込まれた・・めちゃ排ガス臭い・・
a0112888_21193629.jpg


到着!なんか天気がやばそう・・
a0112888_21221193.jpg

a0112888_21225615.jpg

適当に露天の食べ物をつまみながら街を散策。
決して腹が丈夫な方ではないですが、今現在特に問題なく生きてます
a0112888_2124219.jpg

何度も何度も来ております、「旗津」。
過去のレポはこことかこことかこことか・・・

折角なので今回は、今まで入ったこと無いお店で食べてみようかと。
過去食事したことある店は、「海忠寶活海産店(旗津)」「新冠州活海鮮(旗津)」

よし、今日はここにしてみよう!
上記二店舗の丁度中間辺りの海側に向かって右側。
「旗津海産店」。でもふりがなは「かいさんぶつてん」。「ぶつ」はどこ?
基本一皿100元。
a0112888_213082.jpg

品揃えも豊富。バシバシ写真撮ってても声かけすらなく無視されてるところがまた溜まらん・・
a0112888_21311254.jpg

え?マジ?外人でしかも一人?って明らかに戸惑ってるおばちゃんをよそに店内へ。
なかなか綺麗じゃないですか
a0112888_21325929.jpg

いつもの謎の黒い貝。100元(約330円)
これたまらんですよ、ぜひ食べてみて!
この歯応え以外何も残らない潔さが最高!
他店よりも火の通し方が強め。虚弱日本人にも安心。
味は他店と特に変わらず、僅かながら他よりもにんにくが強めかな?
ボリュームも充分
a0112888_2138761.jpg

白魚のフライ100元
頭一つくらい他店より美味しい。
台湾で食べた白魚フライでは1番
a0112888_21441874.jpg

アサリスープ。これも100元
これは今回一番の大当たり!
超薄めな塩加減にガツンとショウガが効いてる台湾仕様。
だけども、その薄味の中に貝が良いのか臭みゼロのお上品なアサリの出汁がふわり。
アサリの身が詰まりきってプリンプリン。
鮮度や色艶からして何か特殊な加工をしてるようには見えないので、自然なままここまではち切れんばかりに成長してるんでしょう。
とにかく身の鮮度の良さが素晴らしい!
a0112888_2150238.jpg

大満足でお会計。

旗津で一番のお気に入り店になりました!
a0112888_21515829.jpg


さて、デザートは何にしようかな・・って
これはちょっと・・・あたしこの手の台湾のノリ、余り好きでないです・・。
他にもこういうお下品な物、結構あるんですよ。士林の(以下略
a0112888_2154427.jpg


んじゃ、って事でMRT捷運でホテルの最寄り駅「三多商圏」へ。
で、三多商圏の新光三越、デパ地下の「高雄牛乳大王」。
木瓜牛女乃(パパイヤミルク)の有名店です。
a0112888_21593971.jpg

って店の中に誰もいない。
隣のブースのお兄ちゃんに聞いたら、どっか行っちゃったって・・
なんていい加減な・・。
a0112888_2204821.jpg

待つこと暫し。
おばちゃん、やっと帰ってきて・・・。
パパイヤミルク60元(約200円)
やっぱり美味いのう
a0112888_22214100.jpg


ジュース飲みながらぷらぷらホテルまで徒歩15分。
可愛哦!
a0112888_2224524.jpg

ミネラルウォーターを買おうと店に入る。
自称日本製石鹸「手せんたく」
みんなさん!一緒に手を洗濯しましょう!
日本製ってなるとぼれますからね・・・
a0112888_2254575.jpg


んで、ホテルに無事到着。
さて明日は何をしましょうか・・・
by tontontontarou | 2013-10-17 22:11 | 台湾 | Trackback | Comments(0)
台湾高雄一人旅 その4 黄色小鴨(黃色小鴨)超可愛哦!編
a0112888_14575933.jpg

そうそう。

つい先日BSのどっかのチャンネルで台湾特集がやっていたらしい番組を
知人のお家で見せてもらったのですが。

出てましたね、龍山寺地下の文鳥占い。
わしもかつて行きましたぜ。
そのときの話はこちら

日本語堪能の美しいお姉さんが通訳してくれるって話だったんで
行ったんですがね・・・。

番組内で再三、「一人旅」を連呼してましたが
じゃあその後ろに連なってる撮影クルーは人じゃないんでしょうか・・・。
まあ、いいや。
で、話は戻ってこの間の高雄の話。
高雄滞在中にも更新した記事がありましたが、流れ重視でもう一回。

超絶大人気、公開数日で何百万人だかの動員でもう大変な黄色小鴨。
ただ台湾人は如何せん暖まりやすく冷めやすい。
ぼちぼち見頃を迎えてるのでは無いかと朝から行ってみた。

黄色小鴨は場所で言うと「光榮碼頭」
もしもタクシーで行かれるのでしたら
「請到光榮碼頭!(ちん だう ぐあんろん まーとう」
でおけ。

わしゃ、受け狙いで
「請到黄色小鴨!(ちんだうほわんすーしゃおやー)」
って行ってみましたが、ちゃんと着きましたぜ。

今回の宿「高雄寒軒國際大飯店」から、ちょうど100元。
10分くらいだったかな?

高雄のリ○ンさん
a0112888_152018.jpg

で、到着。
もうすでに頭が・・・
a0112888_152922.jpg

この辺は歩行者用の信号がないので、車用の信号見てささっと渡りましょう。
台湾の暴君、SYMのスクーターに跳ね飛ばされちゃいますから・・。
a0112888_1522322.jpg

さすがに早いからか平日だからか、混雑もまあそこそこ。
台湾人も多いが大陸人も多い感じ。
まあでも初日の何百万人って事はないみたい。

ゆっくり眺められると思ったが、ぼっち客は珍しく、しょっちゅう写真撮ってってリア充共から声かけられる・・。
向こうのリア充は注文が多く、人物左下の右上ぎりぎりにアヒルの頭で縦位置で絞って・・・なんて容赦ない要求が。
適当に撮ると、ちがう!こうじゃない!やりなおし!とか・・。

で、やっと解放されるとまた別のリア充に・・・。
わしゃ外人ですから、ちったあ手加減して欲しいんですが・・・。

で、かれこれ相当回数こなして。
よくミラーレスは世界的に売れてない、って話になってますが、こと台湾では非常に人気な様で。
撮ってって押しつけられたカメラは殆どみんなパナかオリのマイクロフォーサーズ。
わしのフジと違ってどれもAFがめちゃくちゃ速かった。羨ましい・・。

見かけたカメラ
パナ>オリ>ニコン>ソニー>>キャノン>>>>>ペンタ>>>>>>>>>>リコー、フジ(わし以外一人も・・・)

こんな記念撮影スポットで捕まりまくって・・・
a0112888_1541349.jpg

a0112888_1542499.jpg

ようやく本物の前に到着。
黄色小鴨好可愛哦!!!
a0112888_1544697.jpg

a0112888_1545978.jpg

縫い目が丁度くちばしの模様みたいに見えて、なかなか芸が細かいのう。
a0112888_1582695.jpg

a0112888_15102435.jpg

a0112888_15103428.jpg

a0112888_15105122.jpg

a0112888_1511082.jpg

逆光ですが。
背景に建物を入れてオフィシャル画像っぽくしてみた
a0112888_1593972.jpg

a0112888_1594713.jpg

a0112888_1595724.jpg

晴天にも関わらず大気が非常に淀んでまして。
どことなくスモッグかかってますが、これって大陸のPM2.5の影響かしら。
今回の旅では毎日晴れててもこんな感じで。

ハアハア・・。
興奮半分と暑さが半分で呼吸が上がって・・・。
ただでさえ暑い台湾でしかも南部ですから日差しの強さは九月末にも関わらず相当な物・・。
皆様、紫外線対策は怠らぬよう。

次は黄色小鴨グッズ大人買いの時間です!
黄色小鴨Tシャツから黄色小鴨ガムテープまで全部買い占めてやります!

行列に並びます。屋根付きで助かる
a0112888_15124025.jpg

殆ど売り切れじゃないか!!ぎゃぁぁぁぁぁあぁあ!!!!
残ってるのは缶バッジと団扇とタオル(いずれも明らかに割高)
どこの国でも缶バッジは人気が無い・・。
なのに何故作るのか万国共通の疑問。
a0112888_15125998.jpg

考えに考えて
黄色小鴨超可愛毛巾(いやほんとこういう商品名なんですって・・)249元(約850円)
黄色小鴨酷涼扇69元(240円)
タオル高いお・・・。
a0112888_15131271.jpg

本物と記念撮影
a0112888_15132288.jpg

好可愛哦!
a0112888_15133293.jpg

とりあえず満足。
次なる目的地・・も特に無いので周辺を彷徨う。
炎天下、黄色小鴨うちわで扇ぎながら徘徊すること暫し
「漢神百貨」を発見。
a0112888_15143634.jpg

デパート入り口に獅子とかライオンって万国共通なのかしら・・
a0112888_15144575.jpg

これは酷い・・・
a0112888_15145419.jpg

台湾で暑いときは果物ジュース!
地下のフードコートにて。
大好き西瓜汁60元(約200円)。牛蒡水果汁ってのも怖い物見たさで飲んでみたかったが・・・。
店のおばちゃんとってもいい人だたーよ
a0112888_1515491.jpg

うむ。うまい!
暑いときはすいかジュースやでこれホンマ正味な話。
a0112888_15151660.jpg


ジュース飲みながら、先ほどの戦利品の確認。

黄色小鴨「なんで、ホタルすぐ死ぬん?」
a0112888_15155539.jpg

超可愛いらしい黄色小鴨タオルの印刷がいい加減で・・・
凄く悲しそうな、腹の底見透かされてるような目で・・
そんな目で見るなぁぁぁぁぁぁ!!
めちゃ高価なのにプリントが超いい加減・・・。

これに似てると思う・・・

         __ , -------- 、__
      , - ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     / ;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;\
    /,,;,,,,,  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ,,,,,,,;:::丶
   / :::::::::;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;:::::::::::::::ヽ
   i゙:::;:::::||::::::ii:::::::::::||::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::゙i
  i゙::::|;;;;| |;;;;| |::::::::::| |:::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::::::|
 . i゙::::::i     ''''''''''' '───' |;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|
  .|:::::::|,-====-´  ゙ヽ,,,,,,,,,,,,、    |:::::::::::::::::::|
  |;::::::::|,-----、    ~ニニ,,_`    |:::::::::::::::::::|
  `ヽ、i (、i´ノ     ´い,, ノ '    |;;;::::::::::::::/   なんで、ホタルすぐ死ぬん?
  .   i ^~~~ー==--  ー'-+、     / ゙-、;;;;/
     {      ヽゝ          '-'~ノ
    λ   ''゙゙゙'''-''---、       /-'^
     ヽ,    ^~^         (
     /  `丶 、     , -   /^l
     |   /( ノ `''''''´~  __, - '  ゙i、
    {  / /| ̄ ̄ ̄ ̄   _,- '¨ }
    {/ /  ゙ー────'~   \|
    /               ヽ  \


町中のスーパーで買ってみた、台湾ではメジャーな黒人歯磨・・・。
黒人は歯が白く見えるから、ってのがネーミングの理由らしい・・。
なかなかばら売りしてないんですが、たまたまばら売りしてるのみっけたんで。
昔懐かしいうがい薬の香り。
a0112888_15171766.jpg


さて、お次はどこに行こうかしら・・・
by tontontontarou | 2013-10-12 23:56 | 台湾 | Trackback | Comments(0)
台湾高雄一人旅 その3 高雄で宿泊「寒軒國際大飯店」編
a0112888_18204555.jpg


で、無事高雄車站前に到着。
時刻は午後八時半だったか、結構渋滞してましたがそれでも5時間。

高級バスとは言え、荷物を下ろすのは自力です。
うんしょうんしょ、と下ろしてると良く分からんおっさんが親しげに声をかけてきた。

と、わしの荷物をうんしょと持ち上げて・・・
ああ、このおっちゃんきっとこのバスの運ちゃんだ。
んで、余りに重そうな荷物なんで見るに見かねて手伝ってくれたんだ。
異国の優しさはなお染みますなぁ・・・

なんて思ってたら、そのおっちゃん。
バスの後ろに停まってる黄色い車のトランクにわしの荷物を押し込んで・・・
なんだよ!タクシーの運ちゃんかよ!

まあ、どうせ乗るつもりだったからいいんですが、その気が無い人は気をつけましょう。
別に悪徳タクシーって事も全くなかったです。

で、いざ今宵のお宿「寒軒國際大飯店」へ

立地は、MRT捷運三多商圏からわしの足でぷらぷら歩いて約15分弱。
高雄車站からタクシーで15分くらい。120元ほど。

42階建てで客室380の大規模なホテル。
高雄で二番目に背が高いホテルだそうな。
ですが意外とお安い。
台北でこのお値段じゃこのグレードには絶対泊まれん。南部万歳。
2200元だったか。
a0112888_18222323.jpg

a0112888_18224198.jpg

昼見るとこんな感じ
a0112888_1823741.jpg

黄色小鴨が・・・
このホテル、なかなかわかっとる
a0112888_18232220.jpg

a0112888_18233514.jpg

a0112888_1823451.jpg

ホテルのオリジナルグッズだそうですが・・・
えっと・・・あの・・その・・・・すっごく(以下略
a0112888_18235576.jpg

受付のお姉さんは皆様日本語堪能。
チェックイン作業も全て日本語で問題なく。
せっかく中文覚えてきたのに・・・

公式HPの文言が

◆◆特典満載◆◆
①朝不可欠なのがはやり朝食!ホテル評判が高くて栄養たっぷりの朝食付!
【2連泊】無条件ワンランキグアップグレート+割引最大約61%オフ★南国満喫~お客様コレ最高だよ!


ってなってたんで、日本語能力はかなりあれだと思っていたのですが・・・。
はやり朝食・・・はしかみたいな物ですか!?
ワンランキグ?なんぞそれ・・・

フロントのお姉さんに日本語でコンビニの場所聞いてもちゃんと日本語で帰ってくる。
コンビニがすんなり通じるんだから大した物です。

お姉さん 「二個目の信号を右にタオルとあります!」

ん?タオル?毛巾?

暫し考えてみたが・・
まさか「手折る」ですか!?
♪君が手折りし~桃の花~涙ぐむような朧の月に~鐘が鳴ります寒山寺~

蘇州夜曲だっけ?
いやはや、また古風な日本語を・・・。
日治時代の教育を受けたお婆さまにでも習ったのかしら。
美しい日本語です。

レストランのお姉さんもベルボーイのお兄さんもちょっとした日本語くらいならなんとか。
積極的にコミュニケーションを取ろうという意思が感じられて好印象。

いつも笑顔で接客も大変良い。
異国の大ホテルではなかなか無い当たりの良さ。
このクラスの接客を台湾で求めると南京東路のオークラぐらい金ださんと無理かも。
あそこは日本人スペシャルですからね。

そのせいか
日本人は殆ど台北しか泊まらない、と言われてますが
ちょくちょく日本人を見かけます。
白人も結構。
大陸系は余り見かけない印象。

んではお部屋に。
ちょっと宅男っぽいお兄さんが親切に笑顔で荷物全部持ってきてくれた。
わしに親近感を抱いたのだろうか。

お部屋写真。
今まで台湾で幾多のホテルに泊まりましたが、トップレベルの清潔さ。
絨毯が綺麗、エアコンが全く臭わない。
リニューアルされてても、エアコンまで手が回らず
ちょっと古っぽい臭いがするホテルって結構あるんで。
a0112888_1828377.jpg

a0112888_18281129.jpg

a0112888_18281955.jpg

ちょっと高級なホテルになると台湾ではみんなついてるウェルカムフルーツ。
お約束のチリりんご。正直この分だけ値引きして欲しい・・。
異国で一人りんごを剥く寂しさが分かるかね・・・
フルーツ王国台湾で何が悲しくてチリりんごを食べなならんのだよ・・・
a0112888_18284244.jpg

21Fだったんで景色はこんなもんですが、莫迦と煙は(ry
a0112888_1829177.jpg

バスタブの深さも充分。
ちょこっと排水が弱いが、この辺は異国では微々たる問題で。
a0112888_18292383.jpg

このホテルの数少ない弱点。
シャワートイレじゃないのです・・・
今日日台北でもこのクラスならウォシュレットが多く
a0112888_18291543.jpg


勉強してみると分かりますが、中文ってのは日本語と比べてかなり過去の概念や受け身の概念が曖昧です。
なので、こんな日本語もよく見かけたり。
凄く日本語がしゃべれる台湾人でも、過去形は苦手な物です。
逆にその辺を完璧に話せる台湾人は相当勉強してるって事で。
a0112888_18295932.jpg

一階ロビーのケーキ屋で買ってみたが・・・
この黄色小鴨は肉食らしい・・・
鮮血が嘴から滴り落ちてる・・・
可愛さ云々はさておき、味はかなり良い!
百香果(パッションフルーツ)味なのだが酸味と甘さのバランスが絶妙。
ちょっと台湾っぽくない酸味の強さがまた結構。
他のケーキは食べてないけど、きっと美味しいんじゃなかろうか。
a0112888_18315851.jpg

廊下、エレベーターホール共々大変に綺麗で。
リニューアルしたのか、20年経ってるとは思えない。
廊下全体から清潔な香り・・・
a0112888_18301117.jpg

a0112888_1830247.jpg

って、この機械から凄まじいオゾン臭。
常時強力なオゾン脱臭が効きまくり。
a0112888_18303280.jpg


翌朝タダでついてた食事を食べに・・
窓が大きく明るく開放感に溢れております
a0112888_18325058.jpg

何気にどれも原価かかってそうな質のいいもんばかり。
一番高そうなスモーク牛タンだって食べ放題!(やめましょう)
a0112888_18334873.jpg

写真は一部で、これの三倍は品数があった・・・
タダでこんなに食べさしてもらって申し訳ない・・・
a0112888_18343364.jpg

a0112888_18344317.jpg

a0112888_18345798.jpg

微妙に外れた日本語で朝から客を楽しませる演出。
心憎いのう。
a0112888_18354295.jpg

朝だから控えめに・・って三度お代わりした後の光景なんですが
a0112888_1836276.jpg


高雄にご用の方には是非このホテルをオススメいたします。
まあでも某所の調査によると、日本人観光客の95%が台北に泊まってそのまま帰国してしまうそうですが・・・。

台北とは違ってタクシーですら全く日本人慣れしてないんで凄く新鮮で。
今回初めて全く台湾語しか話せない運ちゃんにも出会いました。
まあしかし何とかなるもんですな。

今まで台湾で泊まったホテルの中でもほぼ頂点に近いコストパフォーマンス。
是非是非高雄にお越しの際には・・
by tontontontarou | 2013-10-09 01:19 | 台湾 | Trackback | Comments(0)
新型フィットハイブリッド Sパッケージ(HVS)アトラクトイエローパールとRSのパールを見てきた
a0112888_3364745.jpg


☆新型フィットハイブリッド Sパッケージ ティンテッドシルバー納車の話はこちら☆

未だ世間では殆ど納車されていないという噂のハイブリッドSパッケージ。
一番高いグレードで、一番お金を出して下さってる方々を放置して
安いグレードばっかり作ってるところが何ともホンダらしい商売のへたっぷりですが。

HVSの諸々聞きたいことがあったのですが
ディーラーに聞いても、まだ納車したことがないんで分かりません、なることを言うもんだから
百聞一見にしかずって事で、青山一丁目のホンダショールームまで見に行ってきた。

何でもここだとHVSが有るそうな。
分からないこと諸処はボンネット開けて首突っ込んで実際確認してみることに。

ハイブリッドSパッケージ
アトラクトイエローパール
a0112888_337226.jpg

a0112888_337986.jpg


ちなみに
ティンテッドシルバー&ビビッドスカイブルー&クリスタルブラッグはこちら


ブリリアントスポーティーブルーメタリックはこちら
これでハイブリッド9色中6色制覇かな?


ついでに青と黒の試乗記


日陰なんで丁度良い色合いに見えますが
日向に出ると少し薄いレモン色。
個人的にはスイフトの黄色みたいな濃い方が好きだな~
a0112888_3373437.jpg

a0112888_337424.jpg

16インチアルミ。タイヤはダンロップ。
15インチのブルーアースやエナセーブと違って名も無き銘柄のタイヤだった。
ミシュランのプライマシーとか履いてくれんだろうか・・
a0112888_3374987.jpg

ハイブリッドは上まで導光チューブが引いてあるのね
a0112888_337563.jpg

実際に見ておきたかったシート柄。
80年代のセリカXXを思い出すぜ(古いな~)
a0112888_338616.jpg

a0112888_3381471.jpg

HVSも椅子がちゃんとポップアップするんですな
a0112888_3382251.jpg

内装もこんな感じ
a0112888_3383147.jpg

a0112888_3383973.jpg

この辺のパネルも下位グレードとは違うのね
a0112888_3385061.jpg

ペダルもアルミっぽいが、こんなの別になくても・・・
今の車にもついているが何もいいところが無いんで
a0112888_339099.jpg


室内にはRSのMTが・・・
a0112888_339984.jpg

a0112888_3391748.jpg

同じ6速でもうちのエクストレイルとはシフトパターンが違うのね
6速と間違ってバック入れそうで怖いな・・
a0112888_3392774.jpg

速度計にもRSの文字が
a0112888_3393638.jpg

これはポリバケツ・・って言うか昔のゴミ袋カラーのガソリン
a0112888_3394312.jpg

a0112888_3395199.jpg

昔の車ってなんて愛らしいんだろ・・
愛らしさの中に品がある。
新型フィットのデザイナーはこの車を見て何も感じないんだろうか・・
a0112888_340125.jpg

a0112888_3401020.jpg

a0112888_3402054.jpg

a0112888_3402961.jpg

a0112888_3403748.jpg

a0112888_340455.jpg


で、案内のお姉さんと話してたら
この後ショーがありますので、是非ご覧になっていって下さい、と。

ん?業務用掃除機ですか?
それともガスボンベで発電する発電機でしたっけ?
a0112888_3405621.jpg

ぶーん
a0112888_341429.jpg

今度は水平移動でぶーん
a0112888_3411267.jpg


いえね・・
静止画じゃ伝わらないでしょうけど・・・
見目麗しいお姉さんが奇っ怪な乗り物に跨がり、作り笑顔で右へ左へ移動する様は
本当に吹き出しそうになるほどシュールな絵で・・・。
下向いてずっと震えてましたぜ・・・。

こんな未来嫌や・・・
未来ってのはチューブの中を宇宙船が行ったり来たりしてイルカ星人が攻めてくるもんだろ。
夢なさ過ぎ・・
a0112888_3412216.jpg

お前ら若いんだから歩けよ!
なんでシニアモデルとか使わなかったんだ・・・若者じゃ全然現実感がないぞ。
a0112888_3413156.jpg


真打ちキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
a0112888_3413967.jpg

アシモすげー!!こんな夢のある技術に貢献できる喜び!
今すぐホンダ車を買わねば!!(すぐ影響される馬鹿)
a0112888_3414972.jpg

a0112888_3415992.jpg

あまりにもスムーズに動くんで
凄さと同時に、行き過ぎた科学技術への恐怖も少なからず感じたりも。
アシモフ先生・・・
a0112888_3421029.jpg

a0112888_3421820.jpg

a0112888_3422689.jpg


アシモのタコ踊りを眺めながら来る2045年の技術的特異点の恐怖に恐れおののき
一人震えながら青山一丁目を後にしました・・・

シンギュラリティの現実感を初めて感じましたぜ。
人型になってみて初めて分かることもありますな・・・。

水を差すようでなんですが・・
この間もらったフィットの見積もりが約240万
末期とはいえエクストレイルだとナビ付きでこのお値段・・・
燃費も確かに大事ですが・・
a0112888_3431935.jpg

by tontontontarou | 2013-10-07 00:56 | 乗り物集まれ~色んな…乗り物? | Trackback | Comments(0)