<   2012年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧
高知県知事賞ですが
a0112888_9235794.jpg

長距離とは言いましても、年にたった一回の2400M戦です。
いつもは1300,1400,たまに1600ばっかり走ってるお馬さん達です。
当然のことながらゆったりペースに毎年なるわけですよ。

一昨年だったか
マイラーで絶対に距離持つわけない!と思ってたジョインアゲンが3着でしたし・・。
慣れない長距離で流れが落ち着いてしまう傾向がありありと。

となると、転厩初戦の川崎2100Mでマズルブラストのコンマ1秒差の惜敗だった
グランシュヴァリエが負ける要素が見つからん。

2500Mのオグリキャップ記念とか2400のダイオライト記念とか走ってるわけですから、
他出走馬よりも長距離経験は豊富。
んで、G1(南部杯)3着とか、圧倒的格が違う戦績でもうどうしようもない・・・。
つか、他の馬弱すぎ!!

穴人気にありそうなムサシボーだって、佐賀の2500Mでそこそこ善戦しましたが、相手のレベルが・・・。
グランシュヴァリエがいつも走ってる超一流のメンツとはまるでレベルが違いますし、とても勝てるとは思えん。

ヒロカミヒメだって気性の問題で2400が向いてるのかどうかも走ってみんと分からんし。

石本のベルモントパッシオは、元名古屋のオープンですし距離もこなせそうで
穴一番手に上げたいところですが
高知に来てからの近走が、悪い意味で別馬のようですし・・・。
鞍上も大舞台でカチンコチンになってそうだし・・・。

う~ん、買える馬が居ない・・・。


◎グランシュヴァリエ   永森
○ポッピィ        宮川実
×マンテンスカイ     中西
△ウィザードブラスト   西山
△ヒロカミヒメ      西川
△ベルモントパッシオ   石本

頭は鉄板なんで、2,3着のボックスで。
ウィザードブラストが距離実績もあるし人気無さそうで面白そうだとは思うんですが
その実績を作った鞍上は中西だったわけで、西山でどのくらい戦闘力が落ちてるか。
自厩舎とは言えマンテンスカイの方が走るって事なのかな~。

後は雑賀先生の親心で、ムサシボー頭から人気どころに総流しも100円買ってみようかと。
濱田くんとか、高知で修行中の若者が初重賞制覇って事が今までに何度もありましたし
暮れの大一番を勝たせれば、良い宣伝になりそうだし・・なんて穿った見方で少々遊んでみる。

まあでも99%グランシュヴァリエが勝つとは思いますが・・・。
by tontontontarou | 2012-12-31 09:29 | 高知競馬 | Trackback | Comments(0)
変な日本語を探しに真夜中の西門カルフール(家楽福)に行ってみた
a0112888_282454.jpg

眠らない街、若者の街「西門」の
24時間の外資系スーパー「Carrefour」に行ってみた。
夜中の3時に・・・。

ここは24時間なのに、電化製品から日用雑貨から食品から、いつでも買う事が出来る
そこそこ大型スーパーなのです。
普通、夜中って家電ブースとか閉じちゃったりしてるところが大半じゃないですか。
ここは夜中の3時にパソコンいじったり、立ち読みしたり、スクーター見たり、アニメのDVD買ったり
何でも出来るのです。素晴らしい!

日本!を前面に打ち出しておりますニトリですが
おたくの商品って殆ど・・・
a0112888_284440.jpg

なんじゃこれ・・・結構なお値段するし・・
a0112888_285359.jpg

温和棉の台所ふきん
きれいお布を洗浄する棉あ物の性質

あたち日本人だけど全く意味が分からない・・・
a0112888_293876.jpg

細い繊維の物質な質
根強い吸?性8回独特なスケールのタイプである
浄化きれた綿、乾燥レた容易に運ぶ塵を
a0112888_295581.jpg

アクヤサリー?
ホーリーネーム?三女?
a0112888_210622.jpg

超繊維にも家族が居たのか・・・。
なんか剛毛そうな一家だな
a0112888_21016100.jpg

少しまともな感じになってきた・・。
中の人が成長したんですかね
a0112888_2103980.jpg

だめだ・・全く成長していない(AA略・・・
a0112888_210506.jpg

洗剤いろず みるみかき取る

このくらいではもう驚きもしない・・
a0112888_2111577.jpg

「ツ」と「ソ」と「リ」の間違いはものすごく多く見かけます
a0112888_2112622.jpg

もはや理解不能・・・
a0112888_211431.jpg

これも・・と思ったらこれは本物のファミ通だった

a0112888_2115382.jpg

う~ん、まだまだ小物ばかりですな。
まだまだ逸材がどこかに眠っているはず!

このくらいの逸材を希望!
a0112888_2121445.jpg

引き続き頑張って探しますか・・・
by tontontontarou | 2012-12-31 02:20 | 台湾 | Trackback | Comments(0)
SONY DSC-RX100を持って高雄の蓮池潭に行ってみた
久保○設さん!
貴社の愛機は遠く離れた異国でいまだ頑張ってますよ!
電話番号からして岐阜県?

a0112888_894155.jpg

そりゃね、でっかいカメラの方が写りはいいに決まっております。
ですがお仕事で行く時なんか巨大カメラは持って行けませんよね。

どんなに優れたカメラでも、その場になければ撮る事は出来ない

かのオリンパスXAを作り上げた天才技術者、米谷美久氏のお言葉であります。
氏はその信念を貫き通し、XAやオリンパスPENといった、ポケットサイズの名機を生み出したわけであります。

私も、御年36歳になるオリンパスXAやPENを未だ現役で使ってますが、豆粒レンズなのに中心は本当に良く切れる、とても1976年に作られたカメラとは思えない名機なんです。その分周辺光量落ちも凄いですけどね。

だから、デジイチ第一号にE-1買って、E-300,E500,E-420,E-3までずっとオリンパス一筋だったのに、あまりにも本体が運子だったから、ニコンに乗り換えてしまった・・・。レンズは素晴らしかったんですが。米谷氏も草場の陰で嘆いていますよ、きっと・・・。

まあオリンパスの凋落はさておき・・・
小型で高画質、ってのは欲張りすぎな気もしますが、デジイチに勝てる・・・って程でなくても近いレベルで撮れるカメラがあればそれはそれで結構な事じゃないですか。

ソニーのNEXとかオリンパスのOM-Dとか、素敵なカメラはありますが、それ以上に小型の、カバンに放り込んでも邪魔にならないような一体型のカメラはない物か、と。

昼も夜もそこそこいける、って条件だとDP2Merrillは脱落ですし。
ピーカンの真っ昼間、だけって条件ならDP2Merrillは一眼にも勝てるポテンシャルはあるのですが。

と言うわけで、中庸に無難にこなしてくれる事を期待して
SONY  DSC-RX100をちょいと前に購入したわけです。

で・・・今回は台湾の南、高雄にお仕事で行った時持って行ったんで、そのときの写真でも。
昼休みに散歩した時の写真です。

蓮池潭と言えば龍虎塔。
a0112888_8152054.jpg

龍の口から入って、虎の口から出てくれば、今までの悪行が清められるそうな。
毎日年寄りを背負ってお宮の階段上ってるわしには縁の無い話ですな。

かなり絞ってますが、ビックリな切れ味・・・。
やるじゃん、ソニー・・・

a0112888_8181080.jpg

いやいや、期待以上の解像感、立体感。
この間買ったタ○ロンのレンズよりもいいような・・・
a0112888_82343100.jpg

a0112888_8235755.jpg

敢えて逆光で撮ってみたがしっかりと解像してます。
コンデジとは思えないダイナミックレンジの広さ
a0112888_8241010.jpg

近くでサーフィン?やってるお兄ちゃんが居たから撮ってみた
かなり速いんでコンデジ如きじゃ追えると思えないが、どこまでやれますか
AF-Cで撮ってみる
a0112888_824276.jpg

ん?
a0112888_8243948.jpg

あれ?
a0112888_824532.jpg

ほんとに!?
a0112888_825682.jpg

まじで!?
a0112888_8252535.jpg

うそっ!?
a0112888_8254367.jpg

追えてんじゃん!
こいつ何者だよ・・・

a0112888_825548.jpg

暗い所はどんなもんかな・・・
a0112888_83036.jpg

ISO3200にしてはノイズが少ないですわ
a0112888_8303942.jpg

ちょっと手ブレしやすいかも・・・
a0112888_830524.jpg

言わんとしてる事は分かるが・・
a0112888_20582838.jpg

何となく鯛焼き買ってみた
a0112888_831442.jpg

何とも個性的な鯛焼きですな・・・

a0112888_8311756.jpg


手ブレ補正の効きがむちゃんこ悪い!!
前のニコンの安物コンデジより全然効果が感じられない!


って位しか、表だった不満はないです。

晴天なら、Merrillに肉薄・・・は少し大袈裟かもしれないですが切れ味抜群。
暗くなっても、ノイズの出方が穏やかで、ISO3200も実用範囲。
この辺はMerrillに対して圧勝。
レスポンスが悪いのはお互い様ですし、RX100の方が安くて軽い。
仰天のコンティニアスAF性能。

中庸狙いでRX100を選んだんですが、晴天下では予想外の大健闘。
中庸以上の性能を発揮してくれました。

小さいボディーに詰め込みまくった、現代のXA、と言ったら誉めすぎでしょうか。
コンデジにしては高いですが、買って間違いの無い
ひょっとたら数年後に名機と呼ばれるモデルかもしれませんよ。
後はソニータイマーさえ働かなければ・・・。
by tontontontarou | 2012-12-30 08:47 | カメラいじり諸々 | Trackback | Comments(0)
まだまだ先の事・・・なんて思ってませんか?

黒船賞への戦いはもう始まっているのです!
今ならまだ全日空旅割55で黒船賞3月19日前後がまだ9970円で残ってますよ!

a0112888_8254221.jpg

ホテルの予約も今なら、あの一等地のピカピカホテル(どこだよ)も
連休にも関わらず5000円切ってます!

先んずれば人を制すですよ!!

by tontontontarou | 2012-12-29 08:26 | 高知競馬 | Trackback | Comments(0)
ぼっちのアニオタだけど台湾に行ってみた 龍山寺近く「鳥街」編
a0112888_7463191.jpg

☆今日の写真も
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)
使って撮ってます。鳥籠の中の鳥を撮るにはAFは使えないんで、全部MFです☆



台湾人って民族は、特に鳥好きが多いと思うんですよ。
向こうの神社に行けば、どこかしらに、必ず鳥類の絵とか彫刻とか有りますし
町中でもお店の看板に鳥類が使われてるのが目立ちます。
龍山寺の柱に刻まれた彫刻
a0112888_7464798.jpg

これは文鳥っぽいですな

a0112888_7465651.jpg

今や日本で売ってる文鳥なんて殆ど台湾産ですし。
文鳥の繁殖なんて言う繊細なお仕事をこなせるんですから
鳥類への理解が一際高い民族なんじゃないかと。
よほど堪え性がなけりゃ文鳥の繁殖なんて出来ませんよ。
完全手作業で、機械がやってくれる事なんて一つも無いですし。

と、強引な前置きですが、今日行くのは、台湾のバードストリート。
「鳥街」と呼ばれております、龍山寺の近所の一角です。

台北市和平西路三段15號←大体この近辺

鳥専門のペット店がひしめき合ってるエリアだそうで
鳥オタは一度は行かねばならんとこらしいですよ。

随分オープンなお店ですな・・・
a0112888_7572440.jpg

第一鳥類発見!盗まれないんだろうか・・・
ルリコンゴウインコかな
a0112888_7573374.jpg

多分コバタン
a0112888_75751100.jpg

ヨウムですな
a0112888_757591.jpg

今や日本でも普通に見かけるコジュケイ(小綬鶏)
日本のは持ち込まれて帰化しただけで、元々日本には居ない鳥なのです
a0112888_7595390.jpg

天上からも鳥籠がたくさん吊されてて
a0112888_802339.jpg

野鳥っぽいが何でしょ
a0112888_803418.jpg

見た事無い鳥
a0112888_804648.jpg

うず公、詰めすぎだろ・・・
a0112888_805769.jpg

白文鳥も桜文鳥もシルバー文鳥も全部一緒くた。
こっちも詰めすぎな感じが
a0112888_81936.jpg

愛らしい鳩ですな
a0112888_812194.jpg

これまた愛らしいお顔ですな。
ジョウビタキ?
a0112888_813277.jpg

日本じゃよく道ばたで潰れてるハクセキレイも台湾では飼っていいみたい。
日本は野鳥の飼育は禁止されてますんで。
a0112888_814434.jpg

セグロセキレイ?
a0112888_815567.jpg

不安そうな眼でわしをじっと見上げる鳩・・・。
ペット屋に居るって事は多分ジビエにはならんと思うが・・・。
ああ・・なんか胸の奥がちくっとする・・・。
a0112888_821170.jpg

まあ確かにこんな詰め方されちゃ、鳩じゃなくても不安になる罠
a0112888_82238.jpg

一匹仲間はずれが入ってるのが気になる
a0112888_824586.jpg

愛らしくも、見た事ない鳥
a0112888_832416.jpg

a0112888_833558.jpg

看板も鳥仕様
a0112888_834796.jpg

町中の鳩。
日本とは種類が違うんですな。

a0112888_872685.jpg

で、この後は龍山寺地下街のごっちゃり占い師が居るエリアに
「文鳥占い」っていう、文鳥がおみくじ引いてくれる、鳥オタ失禁物の(?)アミューズメントがあるって噂を聞きまして
行っては見たんですが・・・。

なにせ、ちょいとそのエリアに近づくだけで、占い師達が一斉に飛びかかってくるんで
落ち着いて探す事が出来ず。
ぱっと見た感じでは鳥籠のありそうなとこはなかったんですが・・・。

もしご存じの方、是非ご一報下さい。
体を張って確かめてきて参ります!

こんなのがある筈なんですが・・・



by tontontontarou | 2012-12-29 08:11 | 台湾 | Trackback | Comments(0)
ぼっちのアニオタだけど台湾に行ってみた 一人寂しく夜中に台南滷三塊に行った編
a0112888_6403946.jpg

突然魯肉飯が食いたくなって夜中の三時に行ってみた。
電車なんか勿論動いてない時間なんで、そこらのタクシーひっ捕まえて。

円環の城市商旅から深夜料金込みで200元(540円)位だったかな?
10キロ、20分くらい乗って到着。

電車が動いてる時間帯であれば、MRT淡水線の石牌駅より徒歩10分程。
何でも元台湾マ○ィアだったおっちゃんが、心を入れ直して始めた店だとか。
恐ろしか・・・

※以下の写真はTAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)
で撮ってます。いえ、最近このレンズを検索ワードで来られる方が多いんで・・・。
基本、台湾の写真はA007使って撮ってます。

どの人が元極道なのかしら・・・。
a0112888_6412881.jpg

赤のポロシャツ、険しい顔の宮史郎・・・みたいなおっちゃんがオーナーっぽいんだが・・・。
ピンカラトリオなマフ○アってのも・・。

台南肉燥飯(小)25元(約70円)

a0112888_6433282.jpg


うわ~ん、美味いよお母ちゃん・・。
色々食べた中ではここの魯肉飯が一番美味い!
ポロポロ食感の魯肉飯より、角煮みたいな方が日本人には絶対合ってると思う。
見た目からして、そぼろっぽい魯肉飯より全然美味しそうだもん。
第一印象ですでに勝利。食べる前から決着は付いてます。

八角はいける口ですが、ここのは控えめで。
総じて八角が好みでない人種、日本人にも美味しく頂ける味ではないかと。

胡椒が割と強め、八角弱めの甘辛味。絶対のオススメ。

肉燥乾麺 30元(約84円)

a0112888_6451421.jpg

台南肉燥飯、の麺バージョン。
勿論同じく美味しいですよ。

虱目魚丸湯 25元 (約70円)
a0112888_64745.jpg

虱目魚(サバヒー)のつみれ団子が入ったスープ。
台湾のスープは基本的にお味が薄めでお上品なお味です。

虱目魚(サバヒー)とは・・・
サバヒーは主にインド洋から西太平洋の熱帯及び亜熱帯水域に広く生息している。形態的には、ニシンやイワシの 仲間に比較的近い。成魚の体長は通常1m前後であるが、自然の状態では最大1.7mほど(寿命約20年)にまで達するものも中にはある(養殖の場合はそれよりもかなり小ぶりであり、通常30〜40cm程度で出荷している)。ほっそりした体型で尾鰭の切れ込みが深く、両葉が細長くなっている。藍藻、珪藻、緑藻など藻類を主なえさにしており、口が小さく歯はない。海水魚であるが、広塩性で河川の ような淡水域でも生息可能である。このため、通常は沿岸部に生息しているが、河口部などの汽水域や、ときに河川などの淡水域に進入してくることもある。普 段は群れを作らず深いところを泳いでおり、魚網にかかることが少ないため、天然魚を目にする機会はあまりない(市場などで売られているのはそのほとんどが 養殖魚)。産卵期になると、台湾の南部海岸一帯などに稚魚の群が大挙して押し寄せてくるといった習性があることでも知られている。

日本では、沖縄近海に迷い込んだ例が報告されている。


と、この台湾の国民魚、虱目魚。何故だか希に高知で釣れるらしい。
ボラみたいな、そうでないような魚が釣れましたら、それがそうかも。

こんな魚が虱目魚です
a0112888_6515142.jpg

土魠魚羹 60元(約168円)
a0112888_6525743.jpg

サワラかな?深海魚という噂も・・のカリッと揚がったフライに
塩気と酸味が効いた、ほんのり甘めのとろみスープ。
命の危険を感じる超絶美味!
今まで食したスープの中で5本の指に入る美味さ。宇宙レベル(なにそれ)。
これ食わんで台湾に来た意味ないでしょ常考。

サービス!って言ってくれた土魠魚のから揚げ。
マフィ○、優しいよ、○フィア・・・。
a0112888_6564730.jpg

これもサービスでくれた・・・

a0112888_6571342.jpg

「これ!看板メニュー!」のような事を身振り手振り、ちょっとの英語で一生懸命・・・。
「うちの看板メニューは肉燥飯じゃなくて、この肉が乗ってる五花肉飯だよ!」って。
なにこのいいマ○ィア。

これも!
a0112888_6581869.jpg

3品頼んで、3品のサービス品。
サービス良し、ってレベルじゃねーぞ!
日本人って分かったら特に優しくなった。

と、まずは超お気に入りのお店から。
安いは美味いはおっちゃんもいい人だわ、で言う事有りません。

ガイドブックに載りまくり!とかそんなメジャー店ではないんですが
わし的に一押しなお店です。
夜中の4時までやってますし、駅からちょっと歩くんで、夜半にふらっとタクシーで行くのがオススメ。
何せ台湾のタクシーは安いですから。

台南滷三塊
台北市北投区承徳路7段100号
営業時間 17:00~4:00
MRT石牌駅より徒歩約10分

a0112888_8204697.jpg

by tontontontarou | 2012-12-28 07:16 | 台湾 | Trackback | Comments(0)
ぼっちのアニオタだけど台湾に行ってみた 独りぼっち、邀月茶坊でお茶を嗜む編
おお!白人のぼっち仲間が!
ここは自慢の英語力で仲間の輪を広げます!
Am I a flower?(わけわからん)

a0112888_7202939.jpg


結局ロープウェイの駅から30分以上歩いたんではなかろうか。
ようやく到着。日頃歩いてない人はバスやタクシーの方がいいかも・・・。
タクシーが居るかどうかは存じませんが。タクシーどころか車も滅多に通らない田舎ですから。

入り口からちょろっと歩くんで、こんな休憩用の屋根付きベンチもあります。
a0112888_7222094.jpg

こんな寂しい道を・・・
a0112888_7223184.jpg

24時間営業らしいが、夜はかなり怖そうだ・・・
a0112888_7224445.jpg

ついた!邀月茶坊(ヤオユエチャーハン)
邀=招く、誘う 月を招くお茶やさん?

a0112888_722548.jpg

席は、普通の室内のテーブルと、オープンテラス状態の屋根無しと
今日みたいな微妙な天気用にビニールで覆ったところが有りまして。

a0112888_7234022.jpg

a0112888_7235171.jpg

どこもしっかり拭いてあって清潔な感じです。
机ベタベタなお店、台湾ではよくありますんで・・・。

メニュー。
はじめっから日本語メニューが出てきた。

a0112888_7245359.jpg

a0112888_725516.jpg

前々から台湾の龍井茶って飲んでみたかったんで、いい機会なんで頼んでみる。
大陸の龍井茶は実に深い味わいのある緑茶なのだが、台湾産は果たして。

勿論、功夫茶形式。
一杯目はお店の人が見本でやって、後は勝手にやる感じ。
このほっとかれ感がぼっちには嬉しい

a0112888_7274434.jpg

お湯がなくなったら、何カ所も有ります給湯所に。
好きなだけ長居可能

a0112888_7314237.jpg

う~ん・・・。
香りも何も殆ど無い出涸らしの日本茶みたいですな・・。
龍井茶に関しては大陸に追いついていない現状な様です。

茶油桂竹筍180元(約500円)
(茶油とタケノコの煮込み)

a0112888_7281649.jpg

茶油の香りの好みで好き嫌いが分かれると思いますが、私は好きです。
みんな言いますが、台湾はなぜかタケノコが美味い。
油、と有りますがべったりな感じでは全くないです。

ただのビーフン(値段忘れた)

a0112888_7284127.jpg

何気に一番美味かった。
町中のビーフンより日本人好みな味。
二回お代わりしちまったぜ
茶香烘蛋 117元(約310円)
(お茶っ葉入り卵焼き)
焦げが強めの茶油の香り漂う卵焼き。

a0112888_7294031.jpg

海老焼売

a0112888_7295476.jpg

付けダレのニンニクが強烈。
顔に近づけるだけで目から涙が・・・。
焼売自体はなかなかなお味。

まだ食うのかよ・・・って雰囲気を感じたが注文。
ふむ、なかなか。

a0112888_7302181.jpg

他にも何種類かお茶を頼みましたが、お茶の味はごく普通。
九ふん同様観光客向けのお値段と質な感じです。

ロケーションがなかなか乙なんで、料理の味もなかなかですし、
お茶の質はまあそれなりですが森林浴をしながら寛げる良いお店だと思います。
今度は夜中の3時頃行ってみよう。

最寄りのバス停はここ「猫空站」
a0112888_7332316.jpg

時刻表も載せておきますんでご参考になれば幸いです。
平気で5分以上早く来たりするんでお早めの到着がよろしいかと。

a0112888_7333830.jpg

「猫空駅」なんて言うんですからさぞや立派な駅舎に違いない!
現代建築技術の粋を集めて作られたと言っっても過言ではないはず!


これが猫空駅です!
これ、駅かよ・・・。

a0112888_7342914.jpg

流れる車窓・・・ってこれ、手ブレでも何でも無くとんでもないスピードで走ってるんです・・・
a0112888_7352428.jpg

対面通行の、車幅が車一台分のこんな一本道をですよ。
向こうから車来たらどうすんだ・・・。

a0112888_7353486.jpg

来たらフルブレーキ。
でまた全速力。またフルブレーキ・・・。
恐ろしさで言えばゴンドラとかわらんかったわ・・・。
でも運ちゃんは凄くいい人だったんでまあいっか。

動物園駅に到着。
こんな走りを毎日しても壊れない世界のトヨタ
a0112888_7372127.jpg

台北市動物園もアジア最大の動物園として人気です


a0112888_737312.jpg

by tontontontarou | 2012-12-27 07:42 | 台湾 | Trackback | Comments(0)
まじかよ!
極めてイカんじゃなイカ!←ここをクリック
a0112888_131376.jpg

a0112888_13241.jpg

by tontontontarou | 2012-12-27 01:05 | Trackback | Comments(0)
あほーーーー!!!!!!!

あほーあほー!あほー!
あほあほあほあほあほ~~!あんちゃんのあほ~~~!
差してりゃ、うち3連単1000円持ってたけん、帯封だったとよ・・・


クックック・・・ クックック
我が名はレイシス・ヴィ・フェリシティ・豚太郎。
一万年の時を生きる、偉大なる夜の血族の真祖なり。
その高貴なる血族の我がこのような些細なことで心を乱すことなど、ありえぬ。
こんな端金・・・悔しくなど・・・悔しくなど・・・
・・うわ~ん!もう寝る!!
a0112888_1685546.jpg

by tontontontarou | 2012-12-26 16:17 | Trackback | Comments(0)
ぼっちのアニオタだけど台湾に行ってみた 台北市茶業鉄観音包種茶研発推廣中心編
さすが猫空。茶芸館だらけ。
みんな茶芸館の看板です

a0112888_543757.jpg

さて、今日行く予定の茶芸館は「邀月茶坊」
ぐぐる先生によると1.6㎞20分。
本当に山奥なんですな・・

a0112888_563211.jpg

ちっこいバスもたまに来ますが、折角なんで歩いてみましょう。
異国の片田舎を歩く機会もなかなかありませんしね。

台湾でよく見かける見た事無いメーカー「LUXGEN」
a0112888_574730.jpg

裕隆汽車って会社で日産の仲間らしい。
スカイラインクロスオーバーにシルエットが似てますな。

異国でもタイヤが気になるお年頃。
「sime tyre」日本では全く見た事無いがマレーシアのメーカーみたい。
コンチネンタルのグループだそうで。

a0112888_582445.jpg

勢いだけ作ったような看板。
夜景見ながらバーベキュー!猫空はお茶だけじゃないですよ!
・・・って感じなのかな?
にしても、このタムロンのレンズ・・なんでこんなに白飛びするんだよ・・。
a0112888_592640.jpg

こんな細道をだらだら
a0112888_5101018.jpg

そこらに咲いてた花。
a0112888_5102372.jpg

結構歩いたんだがいっこうに茶屋の看板は見えず・・・
代わりにこんなのが。

a0112888_5111518.jpg

疲れたんで入ってみる
a0112888_5121833.jpg

ただお茶飲み放題でお茶のお勉強もできます。
日本語解説はないですけど。

a0112888_5124758.jpg
a0112888_513451.jpg


一口にお茶と言っても、不発酵、全発酵、半発酵、後発酵、とありまして・・・
ってな感じの初歩的な知識から丁寧に写真で解説がありまして、言葉が分からなくても
何となく言わんとしてる事が分かります。
なかなか面白い所でしたよ。休憩がてらに寄ってみることをオススメします。
お茶もただで飲み放題だし。

さて、無料茶をがぶ飲みして体を温めた所で茶芸館に向かいます。
by tontontontarou | 2012-12-26 05:23 | 台湾 | Trackback | Comments(0)