<   2009年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
新中国料理 彩華
新中国料理彩華
a0112888_18275840.jpg




NHK高知の料理番組の講師で有名な中町暢和氏のお店。
この中町氏。今年ついに「土佐の匠」という名誉ある賞を高知県より受賞されました。
中華料理では初の受賞者という快挙!土佐の匠に関してはこちらを。
某有名料理研究家がお忍びでご来店なさった際に「東京に支店とか出されないんですか・・・?
そうですか・・・残念です」と言わしめた中華最高峰のお店なのです。
現に夜は高知の勝ち組が毎日店内にひしめき合っております。
彩華に行くと高知の勝ち組はどんな職業の方なのかとかすぐ分かり、社会勉強にもなります(^_^;)。
やはりお医者様が多いようで。医者はグルメが多いのです。

私も最初行った時は目の前をフカヒレや北京ダックが飛び交い、
とんでもない店に来ちまったな、こりゃチャーハンと水でお勘定か・・・なんて腹を決めていたのですが・・・ 

メニュー例↓

a0112888_18283695.jpg
a0112888_1829940.jpg


・・安くね?しかもどれも具だくさんでボリュームもしっかり。単品料理も使っている材料、味からすれば安いと思います。
エビチリなんて海老ゴロゴロで1000円ですよ!これ東京なら2700円です。詳しいメニューはこちら
a0112888_18315435.jpg


地産地消をモットーに地元食材をふんだんに使い、特に地元の新しい食材はどこよりも早く採用し、柔軟な発想でとんでもないものを作り上げる郷土愛の塊のマスターなのです。
高知の新名物(予定)ハッピートマトのジュレなんて想像しただけでもおえ~ときそうですが
食べてみると半端なく美味しいのです!
そこらにありがちな甘いだけでトマト本来の味が消し飛んでしまっているトマトとは違い
トマトが本来持つ味+甘みという理想的なトマトがハッピートマトなのですが
やはりトマトはトマト。ジュレには向かないだろうと・・・誰しも思うわけですが。
是非皆様騙されたと思って食して下さいませ。
料理の味付けは全体的に優しい味だが決して味が薄いわけではないこの微妙な匙加減が土佐の匠なのです。
毎日食べても飽きないあっさり味で次の日も安心。この味の優しさは化学調味料をほとんど使っていないのではないでしょうか。
メニューも豊富でまたどれも美味い。よもや高知にこれだけのものを出す中華料理屋があるとは。高知恐るべしです。


★★★★★
とにかく美味い!こってり系が好みの方は少し物足りないかもしれないですが、
30過ぎるとこのくらいが体にはいいのです。
染み渡る美味さ。デザートも秀逸。

料理が来るまでの待ち時間
★★★★
大人数コースが入っていても迅速に来ます。待たされたという記憶は特にありません。

一人でも入りやすいか?
★★(ランチは★★★★)
予約でコースを入れているお客さんが多いので、夜は一人だと若干入りにくい雰囲気。
ただカウンターもあるし、空いてる時なら特に問題ないかと。
少人数用の小さいテーブルも何個かありますからそこに一人でもそれ程孤独感はないかと。
ランチは一人客もたくさんいますし入りやすい。

寛ぎ度
★★★★
照明はケルビンの低い感じで落ち着けます。
頼まなくてもお茶がポットで頂けますし
食後は中国茶をオーダーすれば、茶酔いする程のランクのお茶が頂けます。
高いお茶は何杯だって出ますのでお買い得です。

コストパフォーマンス
★★★★★
文句なし。この腕、この味、この材料、この量でこのお値段ならケチの付けようがない。
次生まれる時は高知に生まれたい、と思うこと間違いなし。高知の人は幸せ者です。




新中国料理彩華
高知県高知市追手筋1-6-17 寺岡ビル 2F
電話番号088-873-0684
営業時間11:30~14:00、17:30~21:00
月曜定休



ランチは何と750円より・・・↓凄すぎる・・・
a0112888_18341640.jpg

by tontontontarou | 2009-03-09 20:50 | 高知の一人飯 | Trackback | Comments(2)