色々行ったけどやっぱり台湾茶は「林華泰茶行」が一番ですお! 2015年7月版  


a0112888_25315100.jpg


2017年GW、お薦めの春茶はこちら!
2015年11月版はこちら!

2016年GWのお薦めはこちら!

2016年夏のお薦めはこちら!


2016年年末、冬茶の話はこちら!




★2015年7月版として若干加筆、修正しました★
食の安全が深刻な課題の台湾に於いて、有益な情報と思いますお


台湾土産の代表格
「鳳梨酥」
「芒果乾」
「台湾茶」


その中でも、一番軽くて日持ちして好き嫌いなく喜ばれますのがお茶では無いかと。

私はよく知らないんですが、数年前テレビが凍頂烏龍の健康効果がなんやかんや、と煽ったらしく
ダイエット効果だ美肌効果だ花粉症に効くだ、って色々言われたようで(一時は品薄になったくらいらしい)
その時の印象が残っているのか、お土産に持って行くとどこの家でも概ね喜ばれます。

あてくし、台湾茶毎日がぶ飲みして3年経ちますが、花粉症は全く改善してないんで
花粉症に効くってのはかなり疑問が残りますが…。

ここ数年、趣味の一つとして台湾茶を嗜んでおります今日この頃。
台北の名だたるお茶やさん…多分全部回ったと思うんですが
結局、贈答品、普段使い、お土産等、全部ひっくるめて私はいつも「林華泰茶行」で買ってます。

対面でじっくり工夫茶形式で味わって決めるお店も勿論良いのですが。
まあ暴論なんですが工夫茶のように丁寧に入れりゃ
よっぽど糞な茶葉でもない限りどれもそれなりに美味しいわけですよ。
で、その美味しさを期待して、家に帰って適当な入れ方で飲むと、店で飲んだ半分も良さが出ないと。
結構なお値段したわりには、それほど満足行く物に出会えなくて…。

そりゃ頂級になれば話は別ですが、そりゃもう洒落にならんお値段で
わしが買える量なんてほんと150gがいいとこ。
そんな量、一瞬でなくなってしまいますし。
それに対面販売だとなかなか断りづらくて…。

雑に飲むならやはり安くなくては続きません。
それに雑に入れても美味しいお茶こそ本物だと、わしゃ勝手に思ってます。
林華泰茶行のお茶は安いし、香り、甘み共々申し分ない。
雑多に入れても十分味が出ます。
安いから頻繁に茶葉を換えられるんで
味噌っかすの枝みたいな味の成れの果てを寂しく啜ることをしなくていいのです。

この林華泰茶行ですが、台湾でも超有名なお茶問屋さんで
1883年(日本で言うと明治16年)から脈々と続く、131年老店なのです。
跡目争いで大喧嘩して分裂した店としても有名w
隣のそっくりさんについては、また後で。

公式によると…

全台北最古老的茶行之一,批發零售都歡迎。
林華泰秉持著物美價廉的原則,提供優良的茶葉品質給來自島内和日本,美國等各地的顧客。
 
【品嚐百年老店的傳承與用心】
「林華泰茶行」僅此一家,沒有分店。
網頁上有不肖商人盜用本公司名號,以非本公司的地址電話矇騙顧客,請飲茶人士注意明察。
本茶行樸實無華的外觀及店面,就如同茶行的經營理念一樣,讓你感到非常舒適自在。
還沒踏進茶行,就會聞到濃郁的撲鼻茶香。
熱心的店員和老板帶你看各種茶葉,大桶大桶地看,不必問,價格都標示在茶桶的蓋子上,沒有購買的壓力。
店員或老板有空時,帶你參觀工廠,最好不過。
走一趟「林華泰茶行」,領受百年老店的風範,不虛此行。


同じ漢字圏の生き物ですんで、不思議と何となく言わんとしてることはわかるもんですな。
なんかただならぬ事が書いてあるような部分もあるように見受けられますがw
まあその話は後で…。

問屋さんらしく飾りっ気ゼロ。
まあ公式HPでも「本茶行樸實無華的外觀及店面」って認めてるしw
対して隣のそっくりさんの方は、改装に次ぐ改装で気合い入れてビカビカにしたんだが
ビカビカになりすぎてますます入りにくくなった気が…。
それでも、日本人を見るやいなや飛びかかってきますし
タクシー乗っててもガラスがんがん叩いてビラ押しつけるなど、お隣さん…ちょっと怖いかも…
a0112888_425372.jpg

場所で言うとこの辺。
徒歩1,2分で巨大な家樂福。
迪化街にも寧夏夜市にも金春發牛肉麺にも冰讃にも徒歩圏内の最強な立地。
最寄り駅は捷運大橋頭。
a0112888_4492952.jpg

さて、入ってみますか
a0112888_453141.jpg

見ての通り問屋なんで
蓋に値段の書いてあるデカイドラム缶がどん、と置いてあるだけ.
さすが「本茶行樸實無華的外觀及店面」
a0112888_4551283.jpg

a0112888_455201.jpg

こんな秤も未だ現役。
さすが131年老店。
a0112888_525057.jpg

こんな風にドラム缶の中には大量の茶葉が
a0112888_501833.jpg

奥の方には高級茶エリアが。
こちらの方は概ね1斤1000元以上
a0112888_545022.jpg

a0112888_55051.jpg

1斤(600g)4000元(約13600円)なんてのも。
多分これがこの店の最高級品。
それでも他店の値段からすれば最高級品でこの値段は相当安いと思う
a0112888_56756.jpg

裏にはちゃんと工場があります。
これこそちゃんと自家焙煎してる証拠。
機械置くスペースもないのに自家焙煎って偽ってる店もありますので注意です。
a0112888_5988.jpg

できあがりを干してる最中。
たまに疲れ切った職人が上半身裸で地ベタで寝こけてますので
ここで製茶してることは間違い有りませんw
a0112888_5114222.jpg

お茶の卸がメインですが、茶器も隅っこに少し置いてあります。
バリエーションは少ないですが、その分格安です
a0112888_515233.jpg

a0112888_5153412.jpg

少し前に流行った水出し水筒?みたいなのも置いてます
a0112888_516959.jpg

台湾茶の産地一覧。
これを覚えれば台湾茶通
a0112888_5141789.jpg


で、この林華泰茶行。
見ての通り全くの問屋さんなんで、一見さんには相当入りづらい感じですが
日本語が超堪能な店員さんがおられて…
この方です↓この方を見つければもう安心。
中国語ゼロでも全く問題なし。
a0112888_5261084.jpg

一度も日本に行ったことない、にも関わらず大変日本語が堪能で。
日本語教育世代の先代からみっちり日本語を仕込まれたらしい。
日本にも行ったことない、語学学校も行ってない、それでこれだけしゃべれるんですから
本人の努力も相当な物だったんでしょう。素晴らしい。

俺は国際人やけん、英語が一番得意ですたい…って方も大丈夫。
カリフォルニア?に20年だか住んでいた女性もいますんで、英語でもOK.
臺湾では勝ち組のご子息は海外留学するもんなんです。
何故かたまにいらっしゃるお爺ちゃん(董事長?)も英語話してますし。
う~ん、臺湾でも勝ち組は英語しゃべれんといかんのか…

またこのお店、売り込みを全くしてこないんで、じっくり選べるところが良い。
普通少しでも高い物を買わせようとあの手この手で攻めてくるものですが、攻めるどころか
声かけないと完全放置プレイ状態。
でも日本人だと分かるの上記の方が声かけてくれるんで大丈夫です。

気になるお茶は鑑定杯でしっかり味見させてくれます。
鑑定杯なんでそれぞれの比較が正確に出来ますな。
このお店、高いのを売りつけないどころか、むしろお手頃価格のお茶をお勧めしてきて
それでも高いお茶が欲しい、って客にはこうやって飲ませて、それで納得して貰えたら売る…
っていう、馬鹿正直な商売。
a0112888_5372056.jpg

お店の商品とお値段一覧。
600g80元(280円)から4000元まで幅広いラインナップ。
さすが問屋の激安価格。
土産屋の、へたすりゃ1/4の値段。
a0112888_5321551.jpg


さて、ここ最近、林華泰茶行は
ますます地元大口客で、てんやわんや。

ちょっと前ですが、台湾が言う「核汚染地域?(福島、茨城、栃木、群馬、千葉)」
からの輸入の問題で日台間で揉めてましたが…

まあ、内容はともかく
日本側の落ち度の根底って
「台湾よ、お前が言うな…」
って気持ちがあったと思うんですよね(わしは、この件、日本側に落ち度があると思ってますが)。

いや、台湾で普通にニュース見てると、ほんと、何も食べられなくなりますよ…
毎日、禁止薬物が…禁止農薬が…基準値の何万倍の…って。
それも澱粉とか食物油脂とか調味料とか茶葉とか…
どんな食べ物にも入れるものが多いんで、避けようがなく…
今時、ジクロロジフェニルトリクロロエタンなんて検出されたり…
DDTですよ!プロレスじゃないですよ!
戦後米軍にしゅっしゅかけられてたあの白い粉ですよ。

2014~最近までの主な(ですよ!)食安問題

2014年2月26日 鼎王麻辣鍋湯頭由大骨粉、雞湯塊混製
2014年4月1日 雞蛋殘留抗生素
2014年4月9日 黑心牛、羊、豬肉,注射「保水劑」增重一倍
2014年2月13日及4月16日 工業漂白劑漂白豆芽
2014年6月 豆乾殘留防腐劑、漂白劑
2014年7月 水產品殘致癌禁藥孔雀綠
2014年9月4日 餿水油、回鍋油、飼料油混充食用油
2014年10月3日 DEHP、DINP、DBP塑化劑
2014年10月15日 中國大閘蟹驗出氯黴素
2014年11月8日 洗腎藥桶裝仙草銷售北臺灣、化工原料豆花
2014年11月14日 貢丸、烏骨雞含禁藥
2014年11月18日 食品改換包裝,並竄改有效日期後再販售
2014年11月21日 黑心醃漬薑
2014年11月21日 營養午餐的「敏豆」殘留農藥
2014年12月16日 致癌豆乾含工業染劑二甲基黃
2014年12月17日 豆腐防腐劑超量
2014年12月19日 冬至湯圓防腐劑超量
2014年12月20日 茼蒿農藥殘留超標
2014年12月31日 金針、竹笙殘留二氧化硫過量
2015年1月 豆腐乳含工業染劑二甲基黃
2015年1月27日 年節食品苯甲酸、黃麴毒素過量,玉米殘留農藥
2015年2月12日 黑心鴨血
2015年3月20日 潤餅皮添加「吊白塊」
2015年3月 工業用碳酸氫銨泡製海帶
2015年3月31日 黑心胡椒粉、胡椒鹽、辣椒粉、咖哩粉
2015年4月,2012年8月 手搖飲料店的茶類飲料殘留農藥
2015年4月24日 米血摻藥用石膏
2015年5月21日 化工蜜餞


お茶の話で言えば、今年四月の手搖店の茶葉(ベトナム産?)からのDDT検出が記憶に新しいところ。
まあ、観光で来たほとんどの日本人、AUTOでしょ、ゲラゲラ。

そんな国内の惨憺たる有様から目をそらさせるために、反日支持率9%の馬陰酒が日本叩きに出た
って見方もされたくらいで。

滅茶苦茶な台湾国内の食の安全をなんとかせねば、と
心あるお店は、自社製品?を「SGS(台灣檢驗科技股份有限公司)」
なる検査機関に持ち込んで検査。
SGSってのは398種類!もの農薬を検査して、安全かどうかの確認をする検査だそうで。
この厳しさは日本とほぼ同等レベルらしいです。

金持ち向け高級レストランなんて、食材全部を毎回持ち込んで検査してる、なんて話もあり。
富裕層の間でも庶民の中でも食安問題は深刻です。

元々心あるお茶屋さんは、前からこの検査をずっとやっているようですが(林華泰茶行もその一つ)
ここ最近の食安問題で、検査依頼が爆発的に増加。
前の2,3倍時間が掛かるようになり。

検査費用だって、ロット事に検査ですから、かなりの費用。
なので、体力があるお店しか検査することができないわけです。

ちなみに、日本に持ち込む際の日本の検査はもっと凄まじい費用が掛かるそうで…
だから、日本で台湾茶の商売をされてる方と、台湾現地の価格を比べるのは超絶ナンセンス。
二重の検査を通過した、日本の台湾茶は超絶安心、って事ですからね。

で、台湾国内でも検査費用は結構なものですが
132年の歴史を誇る林華泰茶行。
前からも、これからもずっと検査に出していて(書類書いてるところ何度も見たこと有るので確かな話)
今まで一度も引っかかったことは無いそうです。

林華泰茶行のお茶は、安い紅茶がスリランカですが
後は殆ど台湾産なんで…(プーアールは強國か…)

なので、食安問題で揺れる国内で、ますます林華泰茶行が売れるようになって大変、って事らしい。

小さいお茶屋が、「SGSで合格しました!」て言っても
例え真実でも「こんな小さい店が、SGSに出せるはずがない、きっと嘘だ」
って言う疑心暗鬼状態らしく。
ちゃんと証明書張り出してるのに。
何か、気の毒な話ですね…。
まあ、でもこの辺の台湾人の飲食店への信用のしなさは本当に凄いですよ。
向こうにいると、その辺、日本が如何に恵まれてるか分かりますよ…

で、安心安心林華泰茶行。
色々買って飲んだ結果の、6月以降のお勧め!

1位 杉林渓の高山烏龍(2400元)
去年までは林華泰茶行ではあまり見かけなかった杉林渓。
今年は並んでいたので試飲してみましたが、お値段の割りには今年は一番かも。

2位 阿里山高山烏龍(2400元)

例年通りのクォリティ。

3位 1000元の凍頂


老闆は600元でも十分、ってお話をされてましたが
手摘みで良い茶葉を選んでる分、大きめの葉っぱが甘さを醸し出してるようで
私はやっぱり1000元の方が好きです。

蜜香紅茶(値段忘れた)

夏と言えば、紅茶と東方美人。
すぐ飲むのも良いですし、1年ちょい寝かすと、味に深みが増してこれまた美味しいのです。

梨山がちょっと今年は弱い気が。
梨山らしい濃ゆい甘みがかなり弱めで…
冬茶に期待。

鉄観音3200元もお値段かなり張りますが、これまた結構なお点前。
ちょびっとでも欲しいところです。

なるべく安いので…ってなるとお勧めは「小種」。
320元でもなかなか。

小分けにもして貰えますし、烏龍茶系の葉っぱが丸いのは真空パックにもして貰えます。
真空パックにすれば劣化しないんで、しばらく台湾に来られない方も大量買いで長期保存も可能。
小分けの真空パックでお土産として配る事も出来ます。

紅茶や文山包種みたいな葉っぱ系は真空に出来ないので普通のビニールになります。

帰りに迪化街で芒果乾買って…
a0112888_6163454.jpg

わし愛用の急須。
確かこれも林華泰茶行で買ったような記憶が…
a0112888_617328.jpg

凍頂烏龍とドライマンゴーの相性は抜群。
お茶飲んでドライマンゴー囓りながらアニマックス見る。
毎日こうやって一人寂しい台湾の夜は更けていくのです…
a0112888_6185267.jpg


ぼんやりとお店でお茶を試飲してる最中も、ひっきりなしに地元客がスクーターでやって来て
ゴミ袋みたいな大きさの袋に茶葉を目一杯引き詰めて
股に挟んでスクーターで帰るなんて光景がしょっちゅう。

と思ったら、りんりん電話が鳴って、超大手銀行からかなりの量の高級茶の注文が来たり。
カウンタックで現れるお客さんもいたり。
毎日大変な繁盛っぷり。
庶民から超絶金持ちにまで広く愛されております林華泰茶行でした。

林華泰茶行
台北市大同區重慶北路二段193號
営業時間07:30-21:00
電話番号02-25573506

日本語通じますので電話問い合わせもそこそこ大丈夫でないかと…









トラックバックURL : http://tontontaro.exblog.jp/tb/21375318
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アンナママ at 2015-07-25 11:45 x
 とんさん

杉林渓、阿里山、凍頂、文山包種を各150gかって来ました。文山を水だししていますがおいしいです。有難うございました。 
Commented by tontontontarou at 2015-08-03 05:30
鉄壁のバリエーションやないですか!
言うこと無しです!

この間飲んだ感じでは阿里山の1600元が特に良い感じでした。
ただこの価格帯のお茶を水出しにする経済力はわしには無いですがw
Commented by 林華泰茶行は神 at 2015-12-28 12:27 x
はじめまして。
ここを見て林華泰茶行に興味がわきまして、初めての海外旅行先を台北に決めました…
それからすっかり台湾にはまりリピータになっております!

林華泰茶行の質が良くてお安い茶葉に店員さんの親切、暖かさ。
160年も続く老舗の風格。
今では林華泰茶行でお茶を買う為に台湾に行っているようなものです。

いいお店を紹介して下さりありがとうございました!
Commented by 台湾茶初級者 at 2015-12-28 20:29 x
私もここで書かれてるのを見て今日初めてここのお茶やさんに行ってみました
観光名所として定着してるのか日本人観光客がたくさんいらしててとても繁盛してました
店員さんもとても親切で日本語も話せてお値段も良心的で言うこと無しのお店ですね!
今後もこのお店でお茶を買う為だけに台北に通ってしまいそうです
そのぐらい魅力のある素敵なお店だと思います
Commented by tontontontarou at 2016-01-01 04:32
林華泰茶行は神さん初めまして!

どの商売もそうですが、日本語が通じるとか言う付加価値が付きますと
お値段もそれ相応になるものですが
日本語が通じてお値段も格安、品質も素晴らしい、店員さんも丁寧。
これですから行かない理由なんか有るわけもなく。
誰にでも全力でお勧めできる素晴らしい店ですお!
Commented by tontontontarou at 2016-01-01 04:35
台湾茶初級者さんこんばんは!

確かに最近は観光名所化してますよね~
毎回行くと必ず日本人観光客がおりますし。
迪化街にも近いですし、家樂福にも近いですし、寧夏夜市にも近い。
立地も素晴らしいところも強みですよね~

Commented by tanukitsu at 2016-08-16 14:07 x
はじめまして。
この記事を読んで是非いきたいと思い
昨日、台湾人の友達と2人で行ってきました。

当初、別の店で買った高山茶(100g1200元)と同じものを探すつもりで来ました。
結果、味が同じレベルの茶(600g1600元)がより安く買えてビックリしました。
試飲の結果も優しい味わい(店員の女性は回甘って言ってました)で期待通りでした。

一緒に試飲して気に入った東方美人(150g400元)もついで買いしました。
家へ帰ってお茶を入れるのが楽しみです。
Commented by tontontontarou at 2016-08-17 05:25
100g1200元って凄いお値段ですおね!
一斤7200元…
林華泰だったら品評会クラスのお値段ですお…

喉越しの甘さは今年は1600元の阿里山が素晴らしいですおね~
普通に飲むなら1600元のが味、値段のバランスが一番だと思いますお!
by tontontontarou | 2015-06-24 00:40 | 台湾一人暮らしその日暮らし | Trackback | Comments(8)