ブログトップ

台湾出稼ぎ、ぼっち放浪記

台湾へ行ったり来たりの低級労働者。趣味は写真と美食と車と観劇と釣りと競馬。構成滅茶苦茶なんで、調べたい店名等を検索窓から検索してご利用下さい。自己紹介はこちらhttp://profile.ameba.jp/tontontontarou/ 


by tontontontarou
プロフィールを見る

龍山寺地下街「芷羚論命」で文鳥占いをしてきた






いきなりですが。
私の人生、今まで文鳥3羽を見取ってまして。

その内一匹は、買い方も勉強せず、雛の状態で堅いままの冷たい米を突っ込まれて消化不良で発育不全。
人で言えば乳児にでかいままの煎餅を丸ごと口に突っ込むようなもんですか。

その後も電気代が勿体ないから暖房も点けて貰えず放置状態で
やせ衰えて内臓が飛び出した瀕死状態で手に負えないし全然懐かないからって
我々に押しつけられた可哀想な文鳥でした・・・。

その時の体重が16グラム。

文鳥の平均が26~27ぐらいと考えると、如何に酷い有様だったかおわかり頂けるはず。
押しつけた奴は・・・
自称霊感占い師大先生。
これで余所様の人生に口突っ込むんだからね。お前が死ねよ。

かけられる労力とお金、全てつぎ込んで何とか数ヶ月延命できましたが
最後は上記の既知街が飼い主面してしゃしゃり出てきて結局・・・もういいや、この話はやめよう・・。

上記のように、人間の占い師ってのは・・・
わたくしも日本ではこんなア○ペの被害を被っていただけに・・・
正直占いってのは大嫌いです。

努力はしたくない、勉強もしたくない、でも特別視されたい、上から目線で物が見たい、
チヤホヤされたい、自分特別と思いたい・・・

ってな感じの厨二病を潰せないままみっともない歳まで行ってしまった、って奴に
酷い目に遭わされまくったんで・・・。

そういう人って、矛盾点を突かれると
どこ見てるか分らない黒のカラコン入れたような焦点定まってない目でエヘラエヘラ。
私は特別な人間だから分るんだけどね~みたいなこと平気で言うからもう救いようがなく。

何で特別な人間がそんなみっともない成れの果て人生なんだよ、と。
なんで某向精神薬常用してるんだよ、と。
ああなっちゃうと、どんな薬も効かないし、加齢に連れますます悪化していくし。

あ、これは日本の場合ですよ。台湾の占い師は勿論知らないですから。

で、前々から噂には聞いてましたが、台湾には文鳥占いなるエンターテイメントがあるらしく。

昔々は文鳥の生産と言えば愛知の弥富が圧倒的だった訳ですが、近年の文鳥生産は殆どが台湾。

鳥類には好意的な人種の台湾人ですから、文鳥の飼育も上手だったようで
世間で売ってる文鳥の殆どが台湾産という現状。

逆に我が家のように、国産がいいと弥富の生産農家まで行って直接身請けしてきても
商売として成り立たない環境だと種親を増やす訳にも行かず、近親交配が強くなり、子供も非常にひ弱で
長くは生きられない・・って事になり。

この辺は非常に難しい問題です。

で、どうせなら、わしの人生、文鳥に託してみようかと。

人間には散々裏切られてきてますが、文鳥ならきっと分かってくれるはず。
わしの後ろには3羽の文鳥が憑いてるはずですから、わしの言葉が通じなくても
きっと文鳥同士上手いこと意思疎通を図ってくれると思うのです。

人は分かってくれなくても、文鳥はきっと分ってくれてるはずだよ、うん。
人は裏切りますんで信用はしてませんが、ここの占いは文鳥。
私の半生は文鳥に捧げたようなもんでしたし、車選びから何から、文鳥に合わせてましたし。

文鳥も車で移動中に、乗り心地は如何ですか?って声をかけると、きゅ~いきゅ~い、って言ってたし。
きっと苦しゅうない、って言ってたんでしょう。鳥飼いならご存知でしょう、あのリラックス時の声です。

本当はもっと乗り心地の悪い俊足な車に乗りたかったんですが、文鳥様が第一でしたから。
今はうちの家族が乗り心地がいいと満足してるようですが、おまいら喜ばす為に買ったんじゃないわ。

車の話はさておき、単に久々文鳥を間近で見てみたくなった・・てのもありまして。
なんだかんだ言っても文鳥は可愛いですよ。鳥には何の恨みもありません。
思い出がありすぎて時々胸が詰まりますが、まあ頑張ってみます。

文鳥占いって言うと台湾通の方ならご存知
龍山寺地下街、饒河街夜市、行天宮・・・と。
私もこの三つはどんな物か見てきたんですが、今年1月時点でどこも営業しておりました。
龍山寺、行天宮は昼営業。松山は夜市なんで夜の営業。

その中では龍山寺が地下街にあって冷房効いてるし、文鳥にとってもいい環境でしょうから、
どうせなら温々育ってる文鳥が見たいんで龍山寺地下街に行ってみる。
何でもここは日本語が超堪能な美しいお姉さんがアシスタントでいるらしいんで、言葉も困らないしね。

おお!ここか!




看板娘ならぬ看板鳥。
ペアで入れてもらってるみたい。リア獣。リア鳥?


中にも芸能人の写真が沢山。白冰冰しか分らないが・・・。
白冰冰→梶原一騎→娘が(以下略



いきなりのっそりと宅男が入ってきたもんだから占い老師びっくり。
何か人殺しを見るような目で睨まれた・・・
いや、わし、客ですって。泥棒じゃないっすよ。

どうやら男一人、まして外人なんて事はまず無いらしく。
文鳥を撫でたりちょっかい出したりしてる姿を見て、何となくどんな用件で来たのか察して頂けたようですが。

あれ?日本語堪能の美しい女性が居ない・・。
為什麼?


今日は居ないけど代わりに日本語堪能な人がすぐ来るから待ってて~ですって。

まつこと暫し、登場したのは美しい女性とは似ても似つかないおっちゃん・・・

おっちゃん 「あたし、にほんぐだいじょーび、あんちんなちゃい!」


明らかに大丈夫じゃないが・・・
心を入れ直した横山やすしって感じの外見なおじちゃんで人は良さそうだけど。

占いメニュー。
もちろん文鳥占い一択!


あーん・・この一筆書きの鳥がたまらん・・好可愛!


大白と小白って名前らしい。なんつーいい加減な名前・・・。


お声が掛からない方の文鳥はリラックスし過ぎて大福状態。
文鳥飼いなら分かると思いますが、こうなると、こ奴らはねむ光線を発して周りをも眠くさせる。
なんかわしまで眠くなってきたわい・・・。


輕鬆文鳥(和名ゆるとり)←輕鬆百合(ゆるゆり)に
かけてるんですよ!って言わんとわからんわ。


みよ!こちらの文鳥は職業意識に燃えているぞ!アイリングも赤々で戦闘態勢。
毛艶もいいし、皮膚の色も赤々。嘴の色も上々。いい環境で飼われてるみたい。


何というやる気の差・・・。これで同じ待遇なんだから、文鳥の世界も大変ですな。
わしが左の文鳥だったら共産主義に走るな。


でも、開始間際の雰囲気を察したのか、背後に憑いてる文鳥に気付いたのか
どちらもスイッチが入った模様。
さすが選ばれし文鳥。
こやつらは沢山の占い文鳥候補の中から厳しい試験を潜り抜けてきた選ばれた文鳥らしい・・・。
っておっちゃんが言ってたが本当だろうか。


IT先進国台湾は占い師だってPCを駆使。
エイサーのパソコンだった、たしか。


超可愛的!!






なんつーどや顔。カメラ目線。
自信に満ちあふれた表情。文鳥にだって表情があるのです。


決していつも同じ所を引いている訳じゃないところに注目。




ご褒美をもらってなお頑張る




ご褒美を期待してる目・・・
ああ・・・・超可愛哦!!!


で、選ばれし文鳥老師の鑑定結果。
何のことやら分らん


んで、ここからは占い老師のお言葉をおっちゃんが日本語に訳してくれるんだが・・・。



うむ!わかりまちた!だいじょうぶ!
あなた、ちばらく、貧乏!あんちんなちゃい!


うむ。わかりまちた。大丈夫!
あなちゃの両親、とちぇも貧乏!お金全然残しゃにゃい!あんちんなちゃい!!




・・・安心できるかコラ!!
全然大丈夫じゃないだろ!!

我が家が貧乏なことは確かなんで返す言葉もないですが・・・。

文鳥様の引いたカードも合わせての結果は・・・

わしゃしばらく貧乏だが40から金持ちになるらしい。
来年特定の相手が現れるらしい。
年齢は23~41(何この守備範囲の広さ・・・)
子供は男一人女一人らしい。
その子供が超金持ちになってお金くれるらしい。
わしは90以上生きるらしい。

毎日寝る前に、明日が来なきゃいいのにって思ってるわしなのに長生きなんてしたくないですお。
23~41ってのも超手当たり次第みたいでまあ何ですが・・・。

最初はおっちゃんが「40歳なんて嫌でちょ?じゃあ23~34」って。

じゃあ・・って何よ、と思いつつ、別に年上でも40越えでも何も問題ないですよ
私の人生今まで全て年上です。
って言ったら超ワイドレンジにされてしまった。
台湾じゃ、女性が年上ってのは極めて稀らしく。晩婚化はどこも同じですが。
あ!29と39とは、らめれちゅ!大変れちゅ!あんちんなちゃい!って言ってた。なんでだろうか・・。

日本語での意思疎通があまり上手く行かなかったことに配慮してなのか
もっとお金かかるはずのいろいろな占いをやってくれて、時間としては1時間弱かかったのに
料金は文鳥占いの1200元だけ。
これなら、美人さんのアシさんじゃなくても全然いいわ!

占い老師がうんうん考えてる最中、文鳥の頭撫でてたし、撫で賃含めて1200元(当時のレートで3240円)なら。

ここの鳥は凄く人慣れしてるから自分から寄ってくるんです。
こういう所で普段どれだけ大事にされてるか分るんですよね。
飼い主に恵まれた文鳥は人を怖がらないですから。

お値段も普通ですし、何よりも飼われてる文鳥の状態がどれも良いのがオススメポイント。
文鳥飼いだとその辺は、飼ってない人よりも全然見る目が厳しいと思うんで。

折角行っても外気温36度の町で野晒し、息も絶え絶えじゃ占いの内容如何よりもよりもショックが大きいでしょうから・・・。

そういった意味で、占いの内容はこの際置いておいて、健全な肉体で健全に労働に勤しむ異国の文鳥を見学するなんてなかなか無い機会だと思うんで、 是非一度行ってみて下さい。

私が帰ってからまたすぐに別のお客さんが来てましたし、私も前のお客さんが終わるまで
爺ちゃん達の演歌カラオケを眺めながらプラプラ時間潰してたくらいなんで、客の入りは結構なもんみたいですよ。
ド平日の3時頃でこれですから、休日はそれなりの混雑が予想されます。

龍山寺地下街は占い屋とカラオケ屋が敷き詰まってますんで、時間潰しで飽きることは無いと思います。
爺ちゃん婆ちゃんの美しい日本語の演歌はここまで来たらついでに抑えておきたいもんです。

カラオケ聞かせて金取る施設。歌声喫茶みたいなもの?
このおっちゃんは襟裳岬うたってた。確か




衆人環視の生毛取りやさん?


台湾人の顔は自ら進んで無駄毛剃りをするらしい。
夜中に胴体から外れて洗面台に行くのかしら・・
フェイスけろ。この顔は東北人なのか。


あ!そうそう。生年月日の他に生まれた時刻を分ってると、より良いそうですよ。
わしゃ、屁り出された時間なんてそん時は分らなかったんで・・・つーか今でも知らんが。
と言う訳で、文鳥飼いに特にお勧めできる占い屋「芷羚論命」でした!


芷羚論命
11:00~21:30
年中無休らしい

トラックバックURL : http://tontontaro.exblog.jp/tb/18246911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tontontontarou | 2013-08-02 03:41 | 台湾 | Trackback | Comments(0)